上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「何で建物がなくて、大仏だけがあるんやろ」
 飛沢が目の前に聳える大仏を見上げて言った。
「大昔に津波が来て、建物はなくなったって聞いたような・・・」
 岡本は自信のない言い方だった。
「そうなんやあ」
 飛沢にはそれ以上の興味はないようだ。
 長谷駅から再び江ノ電に乗り極楽寺駅に向かった。ドラマのシーンなどを思い起こしながら、駅周辺を歩いた。駅からすぐに極楽寺があった。寺の写真は残っているが、なぜか駅と江ノ電の写真が残っていない。二十数年も前のこと、なぜなのかは全く覚えていない。

               極楽寺

 このあと海へ出た。湘南の海、サザンの世界に慕った。
「あれが江ノ島よ」
「へえ、あの歌に出てくる江ノ島かあ。江ノ島がみえてきた・・・」
 飛沢が突然、サザンの歌を歌いだした。
「へたくそやなあ、それに、そこしか知らんのかいなあ」
「ええやないか、そこだけでも知ってたら」
 また田中が微笑んでいた。
「さあ、そろそろ行こか。昼を食べたら、鎌倉に戻って帰ろうか」
 夏樹が言った。もちろん夏樹と岡本、田中は明日から仕事、飛沢と石田は学校がある。湘南の海沿いにあるラーメン屋で昼を食べ、江ノ電に乗り鎌倉駅へ向かった。
 岡本たちとは鎌倉駅で別れた。年末に浜名湖で会うことを再度約束した。
 今回は飛沢、石田の三人で初めて車を使って旅行をしたが、わずか二日ちょっとの慌しいものだった。いずれまたゆっくりと旅をしようと帰りの車の中で約束をした。いつの日か時間など気にしないで、気の向くまま風の吹くままの旅をしようと。

              小説のような、旅のはじまり 十章 完


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.07.03 / Top↑
 翌日、快晴ではないが晴れの良い天気となった。今日中に京都へ帰るために昼過ぎにはここを出発しなければならない。見方を変えれば午前中は横浜近辺を観光することが出来る。
 そこで横浜より少し足を伸ばし、鎌倉へ行くことにした。鎌倉には京都の次に日本の中心となったところで、古都に相応しく歴史的建造物も多い。また当時流行っていたドラマに「俺たちの・・・」シリーズがあり、その何作目だったか勝野洋、長谷直美らが主演のドラマの舞台が鎌倉で、江ノ電が走り、アパートの近くの駅が「極楽寺」だったことをなぜか良く覚えている。せっかくここまで来たのだから江ノ電と極楽寺駅を見ずに帰るわけにはいかないだろう。
 まずは車で鎌倉へ向かい、鎌倉駅に近い駐車場に止めた。海岸から真っ直ぐ北へ伸びた広い道路を、鶴岡八幡宮目指して歩いた。
 鶴岡八幡宮への参道には多くの観光客が行き交い、とても賑わっていた。
 鎌倉と言う言葉から連想されるのは、源頼朝が開いた幕府。初めて近畿以外に作られた日本の中心。いや違うかも知れないなあ、邪馬台国が九州にあったという説が有力になってきているから、初めて近畿以外の中心地ではないかもしれない。もう一つ鎌倉と言えば、大仏。奈良よりは小さいが建物の外に鎮座している大仏が印象的だ。鶴岡八幡宮へ参詣の次に江ノ電に乗り長谷駅で降り、大仏見学に向かった。
        大仏





・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.06.30 / Top↑
 横浜ユースホステルはやはり満員だった。早めに風呂に入りゆっくりと食事をしようと思っていたが、風呂にはすでに先客が多くいて混雑していた。一旦部屋に戻り、混み具合を伺いながら短めに入浴を済ませた。ほとんど「カラスの行水」のようなものだったが、身体を洗い浴槽に入った時、飛沢は夏樹に話しかけてきた。
「残念やったなあ」
「ううん」
「ええ子やけどなあ。完全にふられたわけやないから、ちょっとぐらいはチャンスがあるんとちゃうか」
「いいや、やっぱり遠距離は難しいやろ、よっぽどの強い気持ちがなかったら。彼女も精一杯、俺に気ぃつこうて言うてくれたんやと思うで」
「まあなあ。それでも大晦日の約束は出来たし、きょう、明日で最後っていうことやないしなあ」
「飛沢、お前も大晦日に浜名湖に行こ。石田と三人で、面白いで」
「そやなあ、バイトがなかったらな」
 その時三人の男達が、狭い浴槽に無理やり入って来た。男だけのイモ洗い状態は勘弁願いたいと、夏樹と飛沢は慌てて脱衣所へ避難した。石田は身体を洗ったらそのまま脱衣所へ向かい、すでに部屋に戻ったようだった。
 この日の夕食後にユースホステル恒例のミーティングはなかった、人が多いので収集がつかなくなるからだろう。食堂のテーブルで就寝時間になるまで五人で話をした。なぜか夏樹と飛沢の会話が漫才のように聞こえるらしく、田中はしきりに笑っていた。時には大きな声を出し、腹をかかえ涙も少し流して笑っていた。そんな二人の会話に石田も加わろうとするのだが、どうしてもうまく絡めず、田中が失笑してしまうことが多かった。
「よっ子、そこでそんな顔をしちゃ悪いわよ」
「ごめんなさい」
 田中はペロッと舌を出し、肩をすくめた。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





2011.06.27 / Top↑
「あのなあ、何を決めろって言うねん。まだええとも、悪いとも言われてへんのに、二人で楽しむって何のこっちゃねん」
 田中がその時、大きな笑顔で夏樹と飛沢の会話を聞いていた。
「よっ子、そこで笑っちゃ失礼よ」
「ごめんなさい」
 田中はそう言うと下を向き、肩をすくめた。
「私、夏樹さんのことは好きよ」
「よっしゃあ、やったなあ夏樹」
「でも、人としてですよ。恋愛感情は今のところないの。それに遠距離恋愛は私には無理です。会いたい時に会えないと、それがストレスになって仕事に影響すると思うの、そうすると恋愛も仕事もどちらも中途半端になってしまうと思うのね。それだけは、いやだわ」
「そうですかあ、やっぱりあきませんか」
「いや、駄目とは言わない・・・、いや、やっぱり遠距離は・・・」
「分かりました。でも大晦日には一緒に浜名湖へ行きましょうね。ほんで思いっきり歌って、善哉を食べて、初日の出を見ましょうね」
「夏樹さん、もちろんよ。よろしくね」
 そう言うと岡本は夏樹に右手を差し出し、握手をした。

 桜木町駅近くの駐車場に止めて置いた飛沢の車を取りに行き、そのまま横浜ユースホステルへ向かった。ほぼ満員のようで、玄関付近にまで多くの人たちの話し声や笑い声が聞こえてきた。飛沢は受付をしながら夕食のメニューが気になるなるらしく、建物の中を覗き込むように見て、食堂がどちらにあるのかしきりに探していた。
「腹が減ったなあ」
「飛沢、まずは風呂や、風呂に先に入ろう」
「そやな、それの方がゆっくりしてええのちゃうかな、ね田中さん」
 石田がそう言うと荷物を持って部屋に向かった。
「石田、そっちとちゃうで、そっちは女子用の部屋やで」
 石田は慌てて回れ右をして、小走りに駆けて行った。




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ


・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





2011.06.25 / Top↑
 岡本とタナカは高校時代からの友人だということだ。お互いに旅と七十年代、八十年代のフォーク、ニューミュージックが好きで、知り合った高校の二年生の時から毎年恒例の浜名湖ニューイヤー・イブ・コンサートに参加していて、もう大常連なのだ。いわゆる無二の親友の仲と言って言いのだろう。
 しかし、そんな二人でも恋愛に関する価値観だけは意見が合わないのだと言う。女は優しく、経済力のある男の人を見つけ、結婚後は専業主婦として家庭を守るものという考えを持っているのは田中葉子。結婚とは男と女の共同作業であり、結婚をしても女は好きなやりたい仕事を続け、家事や子育てはお互いの仕事の都合を考慮して話し合いのうえで分担していく。決して家事や子育ては女だけがやるものではない。男が働いて家族を養うなどと言う考えは過去のこと、と言いきるのは岡本雅美だ。
「よっ子が高収入の男の人と結婚して、専業主婦になるのが夢なのは分かるけど、いまの彼はちょっと不味いんじゃないの・・・。だってあの人には・・・」
 田中は慌てて岡本の口を押えて話すのを止めさせた。
「ちょっとここでそれを言っちゃうのは、まずいでしょう」
「そうだね、ごめん」
「あのう、夏樹が岡本さんに告白をしようとしているのに、何でそちらさん二人で俺たちの分からんことで、喧嘩見たになってるんですか」
「私?、・・・」
「雅美に?・・・」
「夏樹が、・・・」
「飛沢、お前何を言うてんのんや、そやから、先走って喋るなよって言うたのに」
「ああ、そやけど、明日にはもう帰るんやで、さっさと決めることを決めてやな、少しでも二人で楽しんだほうが、ええやないか。遠距離なんやから、今度はいつ会えるか分からへんにゃで」




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





2011.06.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。