上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
            あけまして おめでとうございます
                本年もよろしくお願いします

        正月中は野暮用に振り回されておりました。ようやく更新にたどり着くことが出来ました。
        当方は雪の少ない穏やかな正月でした。こんなに雪が少ないと、逆に恐いぐらいです。
        引き続き書き続けて行きたいと思っております、よろしくお願いします。



     「小説のような、旅のはじまり 九章-42」

 夏樹は短くなった煙草をステンレス製の灰皿で揉み消し、モジャヒゲの男に向き直った。
「だってお金がないから、ここのヘルパー募集に飛びついたんやろ、時間はたっぷりとあるから」
「その通りです。自転車が好きで、自転車で旅をしているわけやないんです、電車賃がないからで、自転車なんか本当にしんどいですわ。金は無いけど、それでも北海道に来たかった、時間だけはいっぱいありまっさかいに」
 そう言うとモジャモジャのヒゲを両手でかき上げた。そこへキツネのイラストが描かれたTシャツを着た女の人が微笑みながら近づいて来た。夏樹には覚えのない人だった。
「ヨッちゃん、仕事をサボっててええのんか、お母さんに言うで」
「ええっ、もう片付けは終わったはずやけどなあ」
 モジャヒゲ男は立ち上がり辺りを見渡し、スタッフの一人を見つけて二コリと微笑み、安堵した表情で椅子に座り直した。
「直さんがあそこで、泊まりの人たちと喋ってはるから、もう大丈夫やで。あの人がヘルパー長みたいな人やからなあ。あっ、松井さん、きのうのミーティングの後に、直さんに怒られてると思ったんやな。ほんで、そんなことを言うんやろ、別に怒られてたわけやないんや、この仕事にまだ慣れへん俺が、色々と教えてもらうために厨房に行ったんやから、勘違いせんといてや」
 キツネのイラスト入りのTシャツを来た女の人に言った。彼女は松井と言うようだ。
「なぁんや、怒られてたんとちゃうんや、おもろないなあ」
 松井の話し方は少し荒っぽいが、顔はくしゃくしゃになるぐらいに、笑っていた。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






スポンサーサイト
2011.01.05 / Top↑
 モジャヒゲ男は松井という女の人を夏樹に紹介した。
「夏樹さん彼女は大阪の堺市の人で松井さん、松井ヨシコさんです。美しい子と書いて美子さんです、俺と同じ大学の一年先輩なんですよ。それがね、昨日、偶然ここで逢ったんですよ、彼女は一人でバイクに乗って陸路をはるばる北海道まで来て、昨日、襟裳岬ユースホステルで逢っちゃたんです。これってすごくないですか、なんちゅうか運命的な出会いって言うか・・・」
「あんたなあ、ちょっと喋り過ぎや。男のくせにべらべらとお喋りなんやから、そやから彼女がでけへんのんや」
 モジャヒゲ男の話を途中で遮り、松井が激しい口調で言うと、彼の頭を軽くポンと叩いた。それでも彼女の顔はくしゃくしゃの笑顔だった。
 二人の顔は彼女がここへ現れた時から笑顔で、特にモジャヒゲ男のそれは夏樹と話をしていた時とは別人のような笑顔を作り、夏樹の顔をほとんど見ていなかった。なんとなくこの二人は妖しいなあ、と感じていた。
「俺がここにいると、お邪魔かな」
 夏樹が椅子から立ち上がり、この場を離れようとした。
「ちょっとお髭のお兄さん、何でお邪魔なんや、そんなわけないやんか、バイクで来たはる見たいやから、色々と聞きたいことがあるから、居てくださいよ。あんたはヘルパーの仕事があんのやろ、早うあっちに行ったら」
 松井はモジャヒゲ男の左腕を掴み、椅子から立つように引っ張った。
「まあまあ、そんな意地悪なことを言わんと、同じ関西人同士やないですか、仲ようしましょ」
 夏樹は微笑みなが椅子に座り直した。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.01.07 / Top↑
 こんにちわ
 五日ほど前から雪が降り続いています。ちょうど仕事始めの日からです。
 道は狭くなり、前からバスが来ると行き違えなくなります。大通りを外れると乗用車同士でも行き違えなくなりますね。事故らないように気をつけないとね。
 というわけで一昨日は会社の倉庫の雪降ろし、昨日は我が家の雪降ろし、今日は奥さんの実家の雪降ろしでした。もう体中が筋肉痛です。
         雪①
                     雪②
 
 写真で雪の多さが分かっていただけるでしょうか。

 それで、いつものブログをアップする元気はなく、皆さんのブログへの訪問も怠っておりますことを、お許し下さい。この雪が落ち着いたら、更新とご訪問をしたいと思います。
2011.01.10 / Top↑
 モジャヒゲ男と、彼と同じ大学の松井と言う女の人と夏樹の三人は、はばかり無く大きな声の関西弁で会話を続けた。時々、大きな笑い声がユースホステルの食堂全体に響きわたり、その度に数人の宿泊者が夏樹たちの方を微妙な微笑で見ていた。
「ヒゲのお兄さんはどこを通ってここまで、来はったんですか。うちは大阪から北へ福井に抜けて、日本海側をずうっと青森まで来て、青函のフェリーで北海道に渡って来たんや」
「青森まで何日かかったん」
「富山、山形,青森に泊まったから、三日で来たなあ。一日に500キロは走ったからなあ、さすがにしんどいわ」
「一日に500キロはしんどいなあ。俺は敦賀からフェリーに乗って、今朝、小樽に着いて、襟裳まで来たんや」
 明日には小樽に戻り、その明朝には敦賀行きのフェリーに乗ること、フェリーには一緒に乗って来た友達がいて、彼は車で宗谷岬を目指していることを、モジャヒゲ男に言ったことと同じように話した。
「随分と忙(せわ)しないツーリングやねえ」
「学生には時間はあっても、お金が無いの。社会人はお金があっても、時間が無いの。そやから、しゃあないやん」
 モジャヒゲ男は夏樹に聞かされたことを、松井に言った。
「あんた、えらい偉そうな態度で喋ってくれるやんか」
 松井はくしゃくしゃの笑顔をして、モジャヒゲ男の頭を軽く叩いた。
「社会人かてお金があるっていうほどの金持ちやないで、学生のアルバイトの方が、ええ給料を貰ってる人もいるさかいなあ」
「私はお金もあるよ、けっこう時給の高いアルバイトをしてるから。ほんで、時間もいっぱいあるから、北海道には一ヶ月ぐらいは居てよかなあ、って思うんやけどね」
「一ヶ月!ええなあ」
 夏樹は大きくため息をついた。




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.01.13 / Top↑
「ヨシオくーん」
 モジャヒゲ男が、えりもユースホステルのヘルパー長みたいな,と言っていた直さんに、モジャヒゲ男は手を振って呼ばれた。
「あっ、ちょっと行ってきます」
 夏樹と松井の二人になってしまった。松井はモジャヒゲ男がいなくなって、少し笑顔がなくなり、寂しそうだった。夏樹はスエットのポケットから煙草を取り出し、煙草ケースを上下に振り、出てきた一本を口に銜えた。
「うちにも一本、貰われへんやろか」
 夏樹は松井の言葉に少したじろいだが、煙草ケースを上下に振り、出てきた一本を彼女の方へ向けた。その一本を松井は手に取り、口に銜えた。夏樹は透かさずジッポウのライターを取り出し、火を点けて彼女の前に差し出した。
「おうきに。洋モクなんか吸うてはんのやねえ」
 夏樹はマールボロを吸っていた。
「これってフィルターが茶色いやろ、これがええねん。白いフィルターって唇にくっつくんよ、すると銜えた煙草を手に持とうとすると、唇にくっついたままで指だけが前に出て、火の点いた先を触ってしもうて、火傷をしたことがあるんや。茶色いのはつかへんやろ。そやけど茶色いフィルターって、あんまりないのよねえ」
 煙草の個人的な薀蓄(うんちく)を喋ってしまった夏樹は、なぜか松井の反応が気になった。
「そうやなあ、白いのは柔らかいし、銜え煙草をしてると、ぐちゃぐちゃになってしまうこともあるしなあ」
 松井の言葉に夏樹は少し安心した。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.01.17 / Top↑
 松井と夏樹は少しの時間だけ会話を止めて煙草の味を楽しんだ。松井は大きく煙を吸い込み、すぐに上を向いて吸い込んだ煙の量以上に大きく息を吐き、煙を出した。今度は肺の中に煙が残っていないか確認するかのように、ため息のような軽い息を吐いた。そして持っていた煙草をアルミの灰皿で消した。
「松井さんっていつもは、何の煙草を吸うの」
「決まってないなあ、だって自分で買うことはないし、煙草を吸っている人がいたら貰うだけやから、吸ってる人と一緒にならんかったら、一本も吸わへん日もあるしなあ」
「ほな別に吸わんでもええっちゅうことやな。それやったら吸わん方がええのとちゃうかなあ」
「まあ、ええやん。結婚したら完全に止めるつもりやねん」
「予定があるの、もしかして、さっきのモジャヒゲ君やったりして」
 夏樹の言葉に松井は椅子からずり落ちそうになった。
「あのヒゲ面男と、内が結婚?ありえまへんなあ」
 松井は全面的に否定をしたが、言葉の端々に少しだけ焦りを見せたように思った。そして両手でセミロングのストレートの髪を何回もかき上げ、椅子に座り直した。
「ヒゲのお兄さん、もう一本煙草を貰われへんやろか。なんや、吸いたいんやけど、あかんか」
 松井の申し出に、黙ってスエットのポケットから煙草を取り出し、ケースを上下に何回か振り一本を出し、彼女の前に差し出した。
「おぉきにぃ」
 松井は夏樹と目を合わせることなく、一本の煙草を手に取り、口に銜えた。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.01.19 / Top↑
 夏樹のジッポーのライターに火を点け、松井に差し出したとき、モジャヒゲ男が戻ってきた。相変わらずメガネの奥の目は、開いているのか閉じているのか分からないほどに細く、笑顔だった。
「松井さん、煙草を止めんたんとちゃうのん」
「うるさいなあ、あんたには関係ないやろ」
 そう言うと大きく煙を吸い込み、モジャヒゲ男の顔に目がけて吐き出した。その煙を両手でかき消すように払いのけたが、ほとんど効果なく顔にかかってしまった。大きく三度ほど咳払いをし、少し表情が変わった。
「何をすんねん、こないだ学校で俺と約束をしたやんか、煙草は止めるって。就職活動にも影響するし、俺のことも・・・」
 そこまで話すと松井はモジャヒゲ男の左腕を掴み、椅子から立ち上がった。
「変なことを、ここで喋らんでええって」
 モジャヒゲ男の耳元で小さな声で言ったが、夏樹にははっきりと聞こえた。
「変なことやないやろ、俺たちが卒業をしたら、結婚することが変なことなんか」
 モジャヒゲ男は今ままでとは違う険しい表情で言った。意外と大きく、二重瞼の目だった。
「変なことやないけど、ここで、今日、初めて会った人に喋らんかてええのとちゃいますか」
 さっきより強く松井はモジャヒゲ男の左腕を掴んだ。その時、松井の左手の指に挟まっていた煙草から、燃え尽きた灰が音もなく床に落ちた。
「まあまあ。ところで明日の朝食は何時からなんやろ」
 この場をとりあえず落ち着かせなければと思った夏樹は、とつぜん朝飯の時間などを聞いてしまった。なんともお粗末な思考回路である。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録






2011.01.22 / Top↑
 今年の雪は異常です。
 
下の写真は今年の正月、「穏やかな正月でよかったなあ」と思ってました。
                    1月1日
                              





 そして新年の仕事始めが1月6日。朝の7時頃から雪が降り出し、ずっと降り続き午後5時半ごろの帰社時間には80㎝程の積雪だった。あの日から約2週間後の同じ角度で撮った写真が下なんです。







                         1月22日②

 たった2週間でこの積雪!雪国に暮らすようになって22年ほどになるが、こんなの初めて、地元の人も「へんだ、異常だ」と言ってます。
 ほとんど毎日のように何処かの雪下ろし、雪寄せの毎日。休みの日は家と奥さんの実家、会社に行っては何処かの倉庫などの雪下ろし、それでも雪の影響で窓ガラスが割れたり、シャッターが壊れたり、古い造りの倉庫が潰れてしまった。

                       1月22日

 手前の玄関の上の雪は先週も一度、降ろしたのだけれど、ご覧の通り。もう、かないまへんわ。誰か、手伝いに来てもらえへんやろか、たのんます。
 もうあっちこっちが痛いですわ。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録








   
2011.01.24 / Top↑
「あっ、はい、七時からです」
 今まで何もなかったかのように、モジャヒゲ男は一人のスタッフの顔になり、朝食の時間を教えた。夏樹のその場を繕うために、とっさに思いついた粗末な言葉が、それなりに功を奏したようで、松井もモジャヒゲ男の左腕を離し、椅子に座った。
「さっき自分は偶然、ここで彼女に逢ったって言うてたけど、ほんまは追いかけて来たんとちゃうの」
 なぜかおさまったものを、元に戻すようなことを夏樹は聞いてしまった。
「ヨッちゃん、そうなんか、追いかけて来たんか」
 松井は今までとは違い、やさしく、柔らかい話し方で言った。
「いいえ、違いますよ、松井さんが北海道に向かっているのは知ってましたけど、北海道のどこに居るのかは分かりませんでしたから」
モジャヒゲ男は少し途惑った表情になり、話し方に元気がなくなった。現在と違い携帯電話など無かったころの話だ、そう簡単には居場所を突き止めて追いかけることは、ほとんど不可能だ。
「なんや、違うんや」
 松井の表情は寂びしそうだった。さっきまでの荒っぽい元気は、完全に影を潜めた。
「松井さんに逢えたらいいなあ、とは思ってましたけど、こんなに早く逢えるやなんて、やっぱり僕たちには何かかが纏(まと)わりついて繋がっているんやわ」
「纏わりつくって、ちょっと表現が違うんとちゃうか」
 夏樹はモジャヒゲ男の右肩を軽く叩き、つっこみを入れた。そして、三人はユースホステルの食堂全体に大きな笑い声を響きわたらせた。その後も就寝時間まで、三人は他愛のない話に興じた。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





2011.01.27 / Top↑
 翌朝、天気は曇り。昨日、北海道に上陸したばかりなのに、きょうは小樽に向けて帰るのかと思うと、昨夜のモジャヒゲ男君と松井さんがとても羨ましく思えてくる。
 七時ちょうどに食堂へ向かった。すでに数人がテーブルに座り、朝食を食べていた。
「おはようございます」
 朝の挨拶をして皿を載せるトレーを持ち、焼き魚と煮物の入った小鉢が並べられたカウンターへ向かった。そのとき両手にポットを持ったモジャヒゲ男が厨房から出てきた。
「あっ、おはようございます」
「おはようございます、今朝は何時に起きて、朝飯の準備をしてんの」
「俺は六時ですね。でも厨房の手伝いをする二人のおばちゃんと、お母さんたちは、五時半にはここへ来るみたいですよ」
「へえ、朝はやくから大変やねえ」
「夏樹さんは、何時に出発ですか」
「八時半ごろかな、きょうは300キロぐらい走るからなあ」
「もう小樽まで行って、明日のフェリーで帰るんですもんねえ」
「代わらへんか、俺がここでヘルパーをするさかいに、自分が俺の代わりにフェリーで帰って、俺の代わりに仕事をしてくれへんか」
「ええ、それはちょっと無理ですわ、勘弁して下さいよ」
 ヘルパー長的存在の直さんがこちらを見ているのを、モジャヒゲ男が感じた。
「すいません、仕事中なんで」
 そう言うと小走りに立ち去り、両手に持ったポットを窓際の長テーブルに置いて、厨房の中へ戻って行った。
「お髭のお兄さん、おはようさんです」
 夏樹の後ろから松井の声が聞こえてきた。
「おっ、おはようさん。自分もこれから朝飯ですか」
 トレーにご飯と味噌汁を載せて、松井と窓に近いテーブルに向かい、一緒に食べることにした。




・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





2011.01.29 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。