上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「旅のはじまり 4」

 小学校の3年生だったろうか、鉄道好きの友達が2人で、『鉄道クラブ』なるものを作っていた。鉄道が好きで趣味としていろんな知識を持っていた。蒸気機関車の『C57、D51(デゴイチ)』の『CとD』の意味とか、気動車(ディゼルカー)の『キハ82系(非電化区間の特急)』の『キとハ』の意味は何かなど、かなり専門的なことを彼らは知っていた。経緯は忘れたが3人目のクラブ員として入会したのだ、(登録されてしまった?)

 ノートに蒸気機関車のアルファベットの『B(動輪が2個)』から順に『E(動輪が5個)』まで書いてその横に『B20、C50、C51・・・・D51・・・・E10』と書いた。ディーゼル機関車、電気機関車、気動車、客車、貨車。
 友達のノートを丸写しに自分のノートに鉛筆で書いていった。(現存する)

 『鉄ちゃん』への道がこのとき始まったのだ。

 主な活動は近くを走る山陰本線へ蒸気機関車を見に行くこと。時刻表を見て、何時に上りの○○駅を出発する。それならば何時までにあの踏み切りへ行けば見ることができる。学校が終わって、その踏切へ行くのが日課となった。
 上り、下りの客車、貨車を何本か見ているうちに、
「次は下りの園部行き(京都府)客車が来る。今日は『C571』が来るんちゃうか」
一番詳しい『鉄ちゃん』が誇らしげに語った。すると二番目に詳しい『鉄ちゃん』が、
「ちゃうなあ、『C571』はおとといの下りに来たから、今日は、きいひんでぇ」
と切り返す。
「あっ、来た来た。『C571』やで」
と三番目に詳しい(三人しかいません)僕が覚えたての知識で、叫んだ。

 『C57』の何号機が来るかまで大体わかっているのだが、いま思えば山陰線で走っている『C57』蒸気機関車は何号機が使われているか、毎日見ていれば、だいたい覚えてくる。他の機関区への移動はあまり頻繁には無かったようだし、この周辺で汽車が走っていたのは、ここだけだった。
 蒸気機関車だけではない、ディーゼル機関車も頻繁に走っていた。むしろこちらの方が多かった。
 もちろん見ているだけでは飽き足らず、近くの駅から一駅だけ乗りにも行った。帰りはバスで帰ってくる。
 その時も、汽車が来る数十分も前から、いや何時間も前から駅に入り、来る汽車、通過する特急列車、貨車などを間近で見ては楽しんでいた。ただ見るだけ、カメラなどは小学校三年生では誰もまだ持っていない。

~つづく~



  ランキングに参加しています
  下をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

  
スポンサーサイト
2008.05.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/10-79807ac2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。