上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑



「石田はずっと忙しかったもんな。倉敷の次は津和野、萩、出雲、鳥取の三朝温泉のユースホステルに泊まって、帰る予定やけどな、餘部にもユースホステルがあるから、そこに最後に泊まってから帰ろうかな」
「おうあの鉄橋か、あの時はちょっと怖かったけど、おもしろかったなあ。石田も一回見といたほうがええで、あの鉄橋は」
「飛沢もだいぶ面白かったみたいやなあ、餘部のユースホステルはまだ予約をしてへんから、出雲に行ったあたりで考えようか」
「ユースホステルってそんなぎりぎりに予約しても大丈夫なんか」
 石田がいぶかるように聞いた。
「だいじょうーぶ」

 夏樹が数十年前に流行ったテレビドラマの台詞をまねて言った。
「予約で一杯やなかったらその日の昼頃までに、電話すれば泊まれるんや。夕飯が要らんのやったら突然行って、今日あいていますか、って行ってもかまへんみたいやで。石田も飛沢もユースホステルは初めてやったなあ」

 姫路で乗り換えて、普通列車に乗って、倉敷を目指す。
 倉敷の駅にはちょうど昼に着いた。大きな荷物を肩から担ぎ、駅前の観光案内図を三人で眺めて、『美観地区』へと向かった。

        倉敷5     
                                倉敷2
                                                                                           

 江戸幕府の直轄地「天領」だった倉敷は、米などの物資の集散地として栄え、商人たちが白壁の土蔵や屋敷を構えた。そんな屋敷が多く残る美観地区は「伝統的建造物群保存地区」としてその当時の面影を残している。

                 倉敷1

「この白壁の建物は映画のセット見たいやなあ」
「ほんまやなあ、石田の家の近くに撮影所があったからなあ」
「本物やからセットよりは勿論立派やけど、遠目に見てたら、セットも本物見たいやで」
「小学校の一年生の時に一回だけ石田の家に遊びに行ったけど、裏の塀の向こうに変な建物が見えた記憶があるんや」
「あれは全部映画のセットなんや、今は縮小されて団地になったけどな。あの頃は家の二階から撮影が見えたんや」
「へえ、なんかおもしろそうやあ」
 飛沢が興味津々である。


  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

スポンサーサイト
2009.01.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/101-711bbbff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。