上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑





 石田は柔道をやっていたことがあるからか、ガッチリとした体型である。いつもならどんぶり飯を二杯は食べるのに、今日は普通の飯茶碗に一杯しか食べなかった。よほどの対人恐怖症だというのか。
「石田、お代わりせんでええのんか」
「ああ、食欲ないねん」
「そうか、ほな、ごっつぉさんでした。食器を持っていって部屋にもどうろか」
 夏樹が食べ終わった食器の載ったトレーを持って立ち上がった。 それにつられて飛沢と石田も立ち上がった。

 ユースホステルには食堂兼、談話室兼、ミーティングルームといった部屋で、食事後にはおもいおもいに話しをしたり、トランプゲームをしたりしている人たちの輪が出来てくる。その部屋に立派なオーディオが置いてあるところは、何回か見たことがあるが、テレビは置いていない。もちろん部屋にもテレビは置いていない。

 後々の話になるが、ホテルの一部をユースホステルとして運営しているところに泊まったときは、部屋にテレビが置いてあった。旧本館の古い建物の端っこの方の部屋だったが、以前はホテルの部屋として使っていたのだろうと思われる。二時間で百円だった。

 部屋に戻った夏樹は、時刻表を開き明日の電車時間の確認をはじめた。朝から夕刻まで、ずっと電車に乗りっぱなしになる。一つの電車に乗り間違えると、乗り換えの連絡が上手くいかず、目的地に着くのが大幅に遅くなってしまうこともある。とりあえず、倉敷駅で何時の電車に乗るか、そこが基準になる。

「石田君、元気ないなあ、どないしたんや」
「飛沢はえらい元気やなあ」
「さっきの飯のときにな、お前の後ろの方のテーブルに座ってた女の子が、けっこう可愛かったんや。女の子四人のグループみたいなんやけど、あの子らと後でトランプでもしませんか、とか言って、お近づきになれへんかなあと思うてなあ」
「それで飯の時に俺の方ばっかり見てたんか」
「えっ、そんなに可愛い子やったか、気がつかへんかったなあ」
 夏樹が、時刻表を閉じながら話しに入ってきた。


  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2009.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/112-d2da0b52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。