上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑






 昔は商家か、武家の屋敷かと言った趣で、中庭まである大きな家である。隣の家もすぐには見えない。ユースホステルとはいっても、今日の宿泊者は五人だけ、誰にも遠慮なく、少々の大きな声を出しても大丈夫な環境である。時を忘れて五人は話に夢中になっていた。

「話を食事の前に戻してもかいませんか。中止になった修学旅行の「旅のしおり」を持って、その通りの計画で旅をしているのか、聞かせてえな、信也さん」
 飛沢が言った。
「そやったなあ、途中で終わってもうたからなあ。さっきも言うたように、俺とタクはまじめやった。頭は悪かったけどな、素行は悪くはなかった、どちらかと言えばそう言う悪い奴らに目をつけらて、いじめらてたほうなんや」
 信也とタクは大喧嘩とはまったく関係のないところに居たのに、一部の不良どもの仕業によって、中学校生活の最大かつ唯一のイベントが中止になった。
「俺たちはどうしても修学旅行に行きたかった」

 彼らにはどうしても修学旅行へ行きたいのには理由(わけ)があった。二人は修学旅行の事前調査委員会のメンバーだった。こういった面倒な役目はどうしても成績優秀で積極的な人物か、成績は悪くても比較的大人しく、まじめな人物が選ばれることが多い。
 信也とタクも半ばむりやり、委員をやらされてしまったのだという。
「正直言うて、そんなめんどうくさいこと、やりとうは無かったんやけど、喧嘩のときの片方の親分みたいな奴が「お前らがやったらええやんけ」の一言で決まってしもうたんや」
 タクが小さな声で言った。彼らは頭が悪いなりに、決まった事は仕方がないと諦めて、一生懸命に慣れない作業をこなして、「旅のしおり」を完成させた。

「あれをちゃんと完成させることが出来たんは、美子のおかげやもんな」
 信也が少し天井を見つめて言った。
「美子は俺たちみたいなアホにも丁寧に、分かりやすく調べ方を教えてくれた」
「タク、お前なんかほとんど何にもせんかたやないか」
「いや、美子に言われたことはちゃんとやったで。美子は「旅のしおり」を作るのに一生懸命にがんばったもんなあ。それやのにあいつらのせいで、中止になってしもうた」
 美子はクラスで一番の成績優秀で、生徒会長をやっていた。事前調査委員会のまとめ役でもあった。


  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2009.03.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/126-778d6c42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。