上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


 僕の一人旅第二弾は中学に入ってからの秋だったと思う。父方の曽祖母の五十回忌に父の代理で山陰の漁師町、親父の実家へ行ったときだろうか。あの春休みから半年後である。親父が忙しく、日曜日と祝日の連休なので急きょ僕が行くことになり、土曜日の午後に家を出た。駅を三時過ぎの急行に乗れば、七時過ぎには海の見える駅に着く予定だ。

 駅まではバスに乗り三十分ほどで着くから、自分なりに逆算して家を出る時間を考えていた。前回の初の一人旅より少し成長したのか、余裕が出てきてゆっくりと準備をして、予定より少し遅く家を出た。
 そんな時は少しずつ次の段取りが遅れてくるもので、バス停のちかくで信号待ちをしていると、目の前を駅へ行くバスが通りすぎて行き、十分に一便ぐらいにバスが来るにもかかわらず、なぜかその時だけは二十分後に次のバスが来た。道路も混んでいて駅に着いたときが、三時過ぎの急行の発車する時間だった。

 しかし、焦らなかった。数年前に漁師町の従兄弟が、三回か四回乗り換えて気の向くまま予定も立てずに昔、都のあったこの地へ来たことを思い出し、
「何とかなるさ」
と、かなり楽天的に次のドン行にとりあえず乗った。三時四十分ごろだったろうか。この時、時刻表を確認しないでしまったのがトラブルの発端となった。

中学一年生の怖いもの知らずの向う見ず
気まぐれ旅のはじまりだ。




  ランキングに参加しています
  下をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
スポンサーサイト
2008.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/14-5761410f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。