上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑





 山陰本線の上りに乗って浜田駅から出雲市駅までは二時間ほどで着く。そこからは大社線(残念ながら平成二年に廃線となった)に乗り三つ目の駅が大社駅だ。大社造りの駅がとても立派で、わずか三駅しかないローカル線には不釣合いな感じもするが、そこは出雲大社、十月には日本中の神々が集まると言う、日本の神社の中の神社、キングオブ神社?
 飛沢が今回の旅行でここへ来ることが一番の目的と言っている出雲大社は、縁結びの神として有名であるが、果たして飛沢の思いは、いつ叶うのか。

「飛沢、そんなに肩を落とすなよ、間違いなく今日の午前中、昼までには出雲大社に着くから、今日中にお参りができるさかい、心配せんとき」
「そやかて、お前、今日中に出雲大社までお参りに行けるかどうか、分からんって言うからや」
 飛沢は夏樹の肩を右手で軽く叩いた。
「ほんの冗談や、堪忍やで。俺の計画に抜かりは無いでえ、時々、勘違いするだけや」
 三人は大きな荷物を肩に担ぎ、知らない人が見たら路上漫才をやっているのではないかと、思われるような会話をしながら、浜田の駅に向かった。

 浜田駅から少し走ると、車窓には日本海が見える。今日も快晴、穏やかな青い海の水平線が、わずかに曲線を作り、右から左へ切れ目無く美しい。
「広い空と海に、いろんな形の雲が描かれているのは、想像力を最大限に膨らませることができるから、見ていてあきひんけど、海と空だけ、それもどちらも真っ青で、他には何も無い空間て言うのも、なんかすごいなあ」
 夏樹は例によって大きく開け放った窓に両腕を組んで載せて、その上にあごを載せ、早春の少し冷たい風を体中に受けながら、独り言のように言った。
「シンプル・イズ・ベストっちゅうやつとちゃうのか」
 夏樹の向かいに座っている飛沢が、夏樹と同じような格好をして冷たい風を受け、独り言のように夏樹の言ったことに答えた。
 石田は通路側の席に座り、居眠りをしていた。車窓にはあまり興味がないようだ。



  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2009.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/148-9c0534ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。