上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 日御碕には石積みとしては東洋一といわれている灯台がある。観光としては出雲大社の次に訪れるところはここだろう。
 出雲大社の近くからバスに乗りしばらくすると、左手に海が見えてくる。相変わらず天気は快晴、青い海と空、その境目の水平線しか見えない。バスの半分ほどの座席が埋まるぐらいの乗客が、全員座っている。決して混んでいるわけではない。ところどころの窓が開け放たれ、少し冷たいが心地よい風が、バスの中を駆け回っている。

 日御碕に行くバスに乗っている。なぜか夏樹の頭の中は「岬めぐり」の歌詞がぐるぐると駆け回っている。
『岬めぐりのバスは走る、窓に広がる青い海よ・・・』
 どんな理由で彼女と別れたのか、その傷心を癒すために出てきた旅。彼女が教えてくれた岬めぐりのバスに乗って、車窓に広がる海や仲の良いカップルを見ていると、ますます傷心が深くなってしまった。だからもう帰ろう。
 勝手な解釈をしてしまったが、夏樹が失恋したのは四年も前のこと、単純に岬へ向かうバスに乗っていて、窓の外には青い海が見えるだけのだが、今でもこの歌を聞くと日御碕のことを思い出すようだ
 後々に分かったことだが、この歌のモデルとなった岬めぐりのバスは、神奈川県の三浦半島走るバスだそうだ。

                      日御碕
    


「飛沢、着いたで、起きや」
 飛沢は日御碕のバス停に着いてもまだ、居眠りをしている。夏樹が飛沢の体を大きく揺すって声をかけた。

 海に突き出た岬部分の周辺は、山の斜面からも遠く、暴風林の松が少し植えられているだけで、灯台以外には大きな建物もない。広々とした牧草地のような風景が広がる。そこに大きく白い灯台が長年の風雪に耐えて、誇らしげにそびえている。


  ランキングに参加しています
  下をポチッとクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2009.06.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/159-d1449e9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。