上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「おう、でかい鉄橋やなあ。それに鉄橋の下は川やないんや、真下に民家があるやんか」
 石田は餘部鉄橋に来るのははじめてである。今までに見たことのない大きな鉄橋に圧倒されてしまい、石田にしては珍しく感情を前面に押し出して来た。
「久しぶりやなあ、何回見てもこの鉄橋はすばらしいわ」
 飛沢がここへ来るのは二回目である。いつの間にか彼も立派な鉄ちゃんになってしまったようだ。いつ列車が来ても良いように、さっそくカメラを出し準備を始めた。


餘部鉄橋1

「のどかやなあ、山と海に囲まれた小さな漁村、まるで映画のロケ地みたいやなあ」
 石田にとっては列車が来ることは二の次のようだ。映画のロケーションとしての鉄橋を見つめているようだ。
「昔はここに駅がなかったらしいんやけど、それでここの地域の人たちはこの鉄橋を渡り、向こう側にあるトンネルの中を歩いて二キロほど東にある鎧駅まで行ったらしいは」
「そんなん怖いなあ、いつ列車が来るか分からんのにこんな金網の上を歩いて行くのんかあ、俺はよう歩かんわ。けど今の夏樹の話を元になんか物語が出来そうやなあ」
「石田は汽車や電車には興味がないのかあ」
「あんまりないなあ、それよりも何でこんな人が少ない田舎の村に、東洋一なんて言われるような大きな鉄橋が、何十年も前に造られたかと言う歴史に興味があるなあ。夏樹、いつこの鉄橋が造られたんやあ」
「ええっと、それはやなあ、知らん」
 石田の突然の質問に夏樹は困ってしまい、今までこの鉄橋のことを石田のような角度から見たことがない自分に呆れてしまった。

餘部鉄橋2

「腹がへったあ」
 飛沢が突然、大きな声で言った。いつもの腹へらし怪獣の登場だ。
「もう昼時やからなあ。けどこの辺に食堂なんかあったかなあ」
 十二時を過ぎている。夏樹も少々腹が減ったようだが、この当時はコンビニなどが普及する以前の話だ、現在でも小さな漁村である、ないのだろうか。
「二時過ぎの上り列車に乗って香住駅まで行けば、なんなと食い物があるやろうから、それまで我慢するしかないなあ」
 夏樹にそう言われて飛沢は元気をなくし、ホームのベンチに寝転んだ。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2009.08.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/184-cc9a80a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。