上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 高校生の頃のように自転車で走り回るのは、行動範囲が決まってくる。そこで車の免許があるので車を買うか、しかし車は高価だし置いておく車庫もない。自転車の延長と言う事で原付バイクを買うことにした。これなら普通免許があれば乗れる。それもスクーターなどではなく、クラッチの付いた五段変則のトレールバイク(モトクロスタイプ)を買った。トレールバイクは原付バイクの中でも車体が一番大きく、スクーターなどよりも馬力があって、ガソリンを満タンに入れると百キロ以上は走れたように思う。スピードもそれなりに出る。そうは言っても原付車の法定最高時速は三十キロである、後の話になるが一年も乗らないうちに物足りなくなり、四百CCまでのバイクが乗れる中型自動二輪の免許を取りに行くこととなる。
 手始めに日帰りツーリングに毎週の休みに出かけるようになった。

 毎週のように原チャリに跨り、自転車で廻った場所を再び訪れ、一日かかったコースを僅か半日ほどで廻ってくる。自転車とは比べ物にならないほどの行動範囲が、夏樹の眠っていた放浪癖を目覚めさせたようだ。
 休みが少ないので、お預けにしていた泊りがけの旅が復活するには、さほど時間がかからなかった。
 春にトレールバイクを買い、秋の連休には一泊のツーリングに出かけた。目的地は奈良。鹿と、大仏を見に出かけることとした。京都より南には交通量が多いと言う理由で、自転車では行くことがなかった。そこで今回は自転車よりはスピードが出る原チャリを使うので、交通機関を使わない初の南進の旅を思いついた。奈良あたりが一泊の旅としてはちょうどよい距離である。また、京都からは近場であるが、夏樹が幼稚園の時の遠足の時以来、訪れていない。
 
 まずはユースホステルの会員証を更新した。
 南進の旅の当日の朝は快晴、清々しい秋の青空が夏樹の気持ちを高ぶらせた。久々の旅である。Dバッグに一泊分の着替えや雨具、洗面道具などを詰め込み出発した。


・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2009.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/194-5736100d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。