上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「ゆきたいーーー」
 演奏も終わった。しかし参加者の半分ぐらいの歌がまだ終わっていなかった。
「・・・翼を広げ、飛んで行きたいよーー、悲しみのない自由な空へ翼はためかせーーー。この大空に翼を広げ、飛んで行きたいよーー、悲しみのない自由な空へ翼はためかせーーー」
 演奏が終わっているからアカペラ状態で歌われている。隣同士で肩を組み、右に左に大きく揺れながら歌が続き、すこしずつ歌う声が増えてきた。
「この大空に翼を広げ、飛んで行きたいよーー、悲しみのない自由な空へ翼はためかせーーー」
 いつの間にか参加者全員が歌っていた。アカペラ状態が十回も続いただろうか、バンドの演奏がキーボード、ベース、ギターの順に再開され、大合唱の声の音量もさらに大きくなった。
「この大空に翼を広げ、飛んで行きたいよーー、悲しみのない自由な空へ翼はためかせーーーーー」
「今度が本当にラストーー」
 大合唱が十回ほど続いただろうか、バンドリーダーとは違う大きな声が言った。
「ゆきたいーーー」
 演奏も終わった。
「・・・翼を広げ、飛んで行きたいよーー」
 十数人の声が聞こえてきたが、さすがにその声に賛同して歌い始める者はいなかった。十数人の声も尻すぼみとなり、聞こえなくなってしまった。

 ホールの時計は四時を少し過ぎていた。参加者全員が部屋へ戻り、防寒着を着て玄関に向かった。初日の出を見に行くのだ。
 東海地方というのは冬でも比較的温暖なところではあるが、今は元旦の午前四時、あたりはまだ真っ暗だ。顔に当たる風は冷たく、防寒着なしでは歩くことはできない。
 ユースホステルからぞろぞろと大勢の人が、少し遠慮した小さめの声で、にこにこ、わいわいと雑談しながら海岸へ向かった。十五分ほど歩くと海岸に着いた。ほんの少しだけ明るくなり、僅かに水平線を確認することができた。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2009.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/230-d0c8cab1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。