上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「けど、このうどんはどっちかて言うと、関西風やで、美味しくないかあ」
「ヒゲさんの言うとおり。関西風なんだよなあ、美味しいは」
「でも、少し味が濃いみたいやなあ、東西の中間の西より見たいな感じやろか」
「ヒゲさんの話は良くわからないけど、美味しいね」
 ヨッチが丼に残った全部のつゆを飲み干し、テーブルに置いて言った。
「じゃあ俺はこのうどんを食べたら行きますは、残念やけど」
 夏樹は壁に掛けてある時計の針の動きが気になりだした。
「まだ、大丈夫。金沢ユースホステルの夕食に間に合えばいいんだろ、三時の列車に乗ればいいから、ゆっくりしていきなよ」
 ヨッコが微笑みながら言った。せっかく来たのだからもう一日泊まっていけばいいじゃないかと、皆が言ってくれる。とてもありがたく、うれしいことだが、金沢ユースホステルのイマさんともう一度ゆっくりと話しがしたい。後ろ髪を引かれる思いを堪えて、ギリギリ三時の列車に乗ることにした。

 朝食と昼食の兼用としていただいたうどんを食べ終え、再びストーヴの前に皆が集まり、相変わらす他愛のない話で盛り上がっていた。外は午前中と変わりなく、どんよりとした曇り空が広がり、緩やかな風に乗って雪が降っていた。
 いつものことながら、楽しい時間はすぐに過ぎてしまう。壁に掛けてある時計は二時三十分を過ぎていた。駅までは歩いて二十分はかかる、まとめてある荷物を部屋に取りに行った。そのまま彦さんに挨拶をして玄関に向かった。
「ヒゲさん、まだ三時にならないよ」
「だって歩いて駅までいくのに二十分はかかるさかいに、行きますは」
「大丈夫、五分もあれば駅に着くから」
「そんなことないやろ、これに乗り遅れたら次は四時過ぎまでないから」
「三時だからさ、コーヒーを飲んでからにしたら」
「えっ」






・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/282-cdaa2144

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。