上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「大丈夫、シンちゃんが車で駅まで送って行くから」
「けど、ほんまに送って行ってくれるんか、シンちゃん。イトウさんの言うことは信用でけへんからなあ」
「ああ、送って行く。コーヒーを飲んでから、送って行くから」
 シンちゃんの返事にも信憑性が薄かったが、コーヒーをいただくことにした。
 コーヒーを飲みながら時計が気になり、熱いコーヒーを味わうこともできず、とにかく早く飲み干すことに努力した。
「あっつう!」
「ヒゲさん、もうちょっとゆっくりと、味わって飲みなよ」
 イトウが大袈裟ににこやかな表情を作り言った。
「そやかて、もう三時五分やも、あと二十分で列車がくるやん。シンちゃん、味わって飲んでる場合とちゃうって、はよう行こう。乗り遅れてしまうやんか、それとも今からなら走って行ったら間に合うかなあ」
「乗り遅れたらもう一日ここへ泊まっていったらエエやんか」
 ヨッコが変な関西弁でにこやかに言った。
「そうそう、そうしらエエヤン」
 皆もヨッコにつられるように変な関西弁で、にこやかに言った。
「みんな、意地悪やあなあ。もう三時十分になったがな」
「よし、美味しかった。さあヒゲさん行きましょう」
「シンちゃんもう飲み終えたの、つまんない。ヒゲさんが電車に間に合うじゃないの」
「おいおい、間に合ったらあかんのんかい。それに、ここには電車は走ってまへんで。そんなことはどうでもエエねん、シンちゃんさんよろしく願いします」
 ようやく荷物を持ち、靴を履き、玄関を出ることができた。
「それではみなさん、楽しいひと時をありがとうございました。必ずここへ戻って来ます、その時までお元気で」
「じゃあ、また」
 雪が緩やかな風に流されている。外はかなり寒いが、みんなは玄関の外で大きく手を振り見送ってくれた。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.04.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/283-dcb9677f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。