上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 浜名湖から中部地方を縦断し、富山、金沢、能登の旅から戻り、日々の仕事が始まった。正月休み明けの初めての土曜日に飛沢から電話が入った。
「これから行ってもええか。酒を持って行くから泊めてな。あっ、あけましておめでとうさん、まだ言うてへんかったなあ」
 飛沢はいつも突然にやってくる。年末年始は旅に出ていると伝えていた。だからこの日を狙って、遊びに来ることにしたのだろう。
「石田は、どうしてんの」
「そやなあ、あいつも誘っていくは。ほなな」
 それだけ言って電話を切られた。

 飛沢と石田は大学の四年生になり、少しずつだが就職活動を始めたようだ。
「石田は撮影所でアルバイトをしてんのやろ、そのまま撮影所の仕事をするのか」
「それは諦めた。俺にはそっち方面の才能がないことに気がついた」
「年末も撮影所でバイトをしてたんとちゃうの、えらい早ように諦めたんやなあ」
 石田は映画が大好きだった。撮影所ではアルバイトとは言え、それなりの仕事を任されていたと聞いていたのだが、少し逢っていない間になにがあったと言うのだろうか。
「石田は家のことがあるからとちゃうかあ」
 そう言うと飛沢が缶のビールを一口飲んだ。
「ああ、俺の家は代々の百姓なんや、田んぼが五ヵ所にあって、あわせて三町歩あるんや。今は親父も元気やし、爺様もまだまだ元気やさかい、俺は稲刈りの忙しい時だけ手伝ってんのやけどな」
「三町歩ってどれくらいや、ぜんぜんわからんなあ」
 夏樹が真っ赤な顔をして言った。
「一町歩が約九千八百平方やから、だいたい百メートル四方やなあ」
 飛沢も真っ赤な顔をしているが、頭の中はまだしっかりしているようだ。
「それが三つもあるのか、けっこう広いなあ。その広い田んぼを継ぐから、映画の仕事あきらめたんか」
「まあ、それも半分、いや三割かな」
 石田は缶のビールの残りをぐいぐいと一息に飲み干した」




・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/294-0a929d6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。