上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


 夏樹にとって飛沢が持っているものの中でもう一つ、憧れのアイテムがあった。自転車である。十段変則、ドロップハンドル、車体は軽合金製。小学校のころはウインカー付のセミドロップハンドルの自転車が憧れの一品だったが、中学生になり、少しだけ大人に近づいたのだろう、飾りはなどいっさいついていない、本格的な自転車に目が向くようになった。
 夏樹も飾りはないが、五段変則のセミドロップハンドルの自転車を買ってもらい、どこへ行くのもこの自転車で出かけていった。半年後には近くの自転車店で見つけた、中古のドロップハンドルに小遣いを貯めて付け替えた。

 夏樹と飛沢の二人は、休みになると地図と,にぎりめしを持って遠方へと出かけていった。
「明日の日曜日はどこへ行こうか」
「そやなあ、この道をずっと北へ、行けるところまで行ってみようか」
「峠を越えて、となりの町まで行けたら、面白いなあ」
「昼までにこの分岐のところまで行けたら、このままぐるっと回って、こっちの国道まで来て帰ってこようか」
「ここまでが四十キロかあ、いつもより早い時間に出かけんと、昼までには着かれへんのとちゃうか」
「よし、明日は六時に出発しょうかあ」
「オッケー」

 市内はもとより、近隣町村まで足を伸ばし、できるだけ往きの道とは別の道で帰ってくるように地図とにらめっこしていた。

 飛沢の自転車と夏樹の自転車の明らかな格差があらわれるのは、登り坂の時だ。夏樹が自転車に乗るのをあきらめて押していく登り坂でも、飛沢はゆっくりだけれども、自転車に乗って登っていく。恐るべし十段変則の威力。

 飛沢は相変わらず、新しい友達を作りに走り回っていた。小学校のころからの友達や、多くの新しい同級生たちから慕われていた。それなのに、やすみの度に二人で遠方へ出かけ、毎日のように二人で帰宅部活動をしてくれた。
 サイクリング部があったら二人とも入部したんだけれど。



  ランキングに参加しています
  下をクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2008.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/30-bc97af7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。