上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 今まで走って来た道路は山の木々に挟まれ、道幅もさほど広くはない下りカーブの連続だった。城端と言う案内板が目に入ってからしばらく行くと、急に視界が広がり、田畑の中に住宅地といったおもむきの場所に出た。
 道幅も狭く住宅地の中を縫うように走る道は、時々見える「国道304号」の標識がなければ、どこを走っているのか分からなくなりそうだった。
 福光町に入ってすぐに交差点が現れた。どの道もさほど広くなく交通量も多くはなかった。
「304号はどっちに行けばええのかな」
 道路標識をしっかりと見ないと道に迷ってしまいそうだった。
(もちろん25年以上も前のこと、ネットでこの辺りの地図を検索してみると、今では拡張工事が進み国道らしくなっていると思われる)
 国道304号という標識を頼りに、田畑の中を道なりに金沢へ向かう。夏樹の左腕にはめた時計は、午後の3時を示していた。
「もうすぐ金沢に着くんやろな。そこからは8号線で西に向かったら、じきに東尋坊に着くやろ」
 楽観的な考えだった。実際には90キロはあるのだが。

 初めての泊りがけの長距離ツーリング。腰から背中、左右の肩、首筋までが固まったようになり、時々激痛が走った。
郡上八幡付近で見かけた数十台のバイク集団の光景が、脳裏から離れないからだろうか、ロングツーリングにはもっと排気量が大きく、ロードタイプのバイクの方が楽なのではないだろうか、と言う考えが夏樹の頭の中を支配するようになっていた。
 今のオフロードタイプのバイクに乗るようになってからまだ数ヶ月しか過ぎていないのに、買い替えを考え出していた。
「けどなあ、400ccにすると車検があって、保険も高くなるしなあ、やっぱり250ccのロードタイプがええのかなあ」
 オフロードバイクは数ヶ月後に、ロードタイプのバイクに買い替えられることとなりそうだった。




・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.08.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/324-698f6368

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。