上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 交通量の多い道路は信号機も多い。赤信号で止まることなく順調に前に進むことが続くかと思えば、なぜか信号の度に赤信号で止まらなければいけないこともある。廻りあわせなのだろうか。
 金沢市内を抜けると「漆器」などの看板は見えなくなった。交通量は少しだけ減ってきたが、信号機はかなり減り、片側2車線の道路は快調に車が流れた。廻りの車の流れに沿っていれば、多少の速度超過は大丈夫だと思うのだが。時々、法定速度をはるかに超えるような速度で、追い越して行く車がいるのだが、速度超過違反で検挙されないのだろうか、他人ごとながら心配である。
 国道8号線を福井県に向けて南西に進む。道路の周りは田畑が多く、視界を遮るような高い建物は何も現れない。できるだけ周りの車の流れに乗り、快調に走った。右前方の太陽が眩く、だいぶ傾いてきたようだ。腕時計を見るとまもなく3時になろうとしている、気温は少しだけ下がったように感じる。

 広い駐車場を備えたドライブインなどで時々休憩をした。合皮ジャンパーのポケットに入っている煙草を取り出し、そのまま腕の反動を使って1本を取り出そうとしたが出てこない。残りが少ないのだろう外箱はくちゃっとなっていた。煙草を取り出すために切り開いた紙箱の上の方を、左の指でこじ開けてようやく1本を取り出した。
「これで最後やなあ。あれ、なんやこれ折れてるやんか」
 ちょうど真ん中で二つに折れて、葉を巻いている紙がほんの少しだけ切れずに残り、フィルターを銜えると先の方は直角に真下を向いた。
「もたいないなあ」
 今にも切れてしまいそうな先の方をちぎりとって、残った半分に火を点けた。
「ふぁぁああー。もうちょっとやな、なんとか夕飯までには着けそうや。あっああー」
 半分の煙草を銜えたまま両手を腰にあて、そのまま後ろへ仰け反り、腰と背中を伸ばした。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.08.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/328-9074a59d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。