上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 敦賀からは国道27号線に入る。この道は少し前に有名になった、小浜市(オバマシ)を経由して、京都府にはいり舞鶴から内陸の国道9号線へと続く。舞鶴は敦賀と同じように古代から天然の良港として栄え、昭和の戦時中は軍港として発展した。今も海上自衛隊の駐屯地があり、自衛艦が港に入っている。
 二葉百合子が歌った「岸壁の母」はここがモデルの地になっている。この歌が流行ったころによく聞こえてきたことは
「舞鶴って京都なんだって」
「京都に海があったんだ」
 そうです京都にも海がある。修学旅行で行く京都市は、三方が山に囲まれた盆地だが、京都府という範囲で見ると海もあるし、北国にも匹敵するほどの豪雪地帯、丹後半島も京都だ。京都市から南の大阪、奈良方面以外のほとんどの京都府は山間部で、比較的低い山が多いために、山あいを縫うように細い道を進み、少し視界が広がると集落があり、田んぼがあった。
 京都というと寺や神社が有名だが、京都府には海もあるし、ほとんどが山なのだ。

 国道27号線を50キロほど走り、国道162号線を左に入る。この道は京都と福井を結ぶ重要な国道で、京都から日本海に出る最短の道路だ。京都市民が車で海水浴に行く時は、この道を利用することが多く、日曜日の午後は京都へ帰る車で大渋滞が発生する。
 京都との県境に「名田庄村」と言う村があった。過去形である。平成の大合併で隣町と合併をし、名田庄村という名前がなくなったからだ。
 夏樹と同年代、またはもう少し年上の先輩方には懐かしい名前でしょう、高石ともやがここに住んでいたことから、のちのフォークグループ「ナターシャー7」の語源の由来地なのだ。七人のグループだと思っていたら、グループ名の「7」は語呂合わせなのだそうだ。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.08.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/333-57333f58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。