上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
     ~新たな旅への序章~

 五月の連休後の休日は、雨が降らないかぎり何処かへバイクを走らせていた。いつも一人である。飛沢も石田も会社で同期の小田君もそして、高校の同級生たちも、みんな車に乗っているが、原付より大きい排気量のバイクに乗っている奴はいなかった。だから、いつも一台でツーリングに出かけていた。ごく稀に二人で出かけることはあった。後ろに人を乗せて日帰りのツーリングに行くのだ。飛沢を乗せて数回のツーリングに行ったり、当時の彼女を乗せて走ったりもした。
 一度だけ会社の後輩の女の子を乗せた時は、少し危ない思いをした。どうしてもバイクに乗ってみたいという彼女は、小柄で華奢な少し性格もおとなし方だった。彼女にヘルメットをそのまま被せると、前が見えなくなるから、ニットの帽子を被り、その上からヘルメット被らせた。
「ええかあ、右手は俺の腰に回して、左手は後ろの荷台のところにある、その棒を持つんやで」
「はい」
「ほんで、右に曲がる時は右に体を傾けて、左は左にな」
「はい」
「はじめは、ゆっくりと走るさかいな。ちゃんと前が見えてるか」
「なんとか見えてます」
 後輩の目線は夏樹の肩のあたりにあった。
「ほな行くでえ」
 ローギヤーでゆっくりと発進して、すぐにセコンドにギヤーアップしようとしてクラッチを切った、その反動で彼女が被っているヘルメットが夏樹のヘルメットに激突した。それに驚いた彼女は荷台を持っていた左手を、夏樹の腰に回した。そのままバイクを止めた。
「左手でしっかりと荷台を持ってたら俺に当たらへんから」
「はい」
 彼女はそう言って夏樹の腰に廻っていた左手を荷台に戻した。
「ええかあ、行くでえ」
 再びゆっくりとバイクを発進させた。



・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.09.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/335-8889ee6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。