上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 高速道路を快調に飛ばして札幌に向かった。昇ったばかりの太陽は前方向にいて、大きくこちらを照らしている。
 札幌までは三十分ほどで着いた。休日の早朝だからなのか札幌市内も交通量は少なく、順調に国道を進み道央自動車道の北広島インターチェンジを目指した。北海道にも広島と言う地があるのかと、意味もなく感心していた。
 五十分ほどで苫小牧東インターチェンジを降りて国道235号へ、日高本線と太平洋に挟まれる位置に道路が南東へ延びている。雲はなく快晴の空模様なのだが、海から吹いてくる風は冷たく、安物の皮ジャンパーに差し込んでくる。
「お盆の暑い時やのに、寒いなあ。これが北国っちゅうことなんやろなあ」
 ふとバイクのスピードメーターに目をやると、70km/hを越えようとしている。
「やばいやんか、こんなに出したら捕まってしまうで」
 高速道路ではない一般国道を走っていても、信号は少なく、交通量もあまり多くない。道幅も広く対向車とすれ違うときに感じるスピード感は、高速道路並みである。その時後ろから乗用車が夏樹のバイクを追い越して行った。あきらかにスピード違反車である。100km/h近い速度で追い越して行ったのではないだろうか。このあとも後方から迫(せま)ってくる車は、あっという間に追いつき、追い越して行くのだ。
「随分と飛ばして行く車がおおいなあ」
 たしか、今でも事故率が高い都道府県の上位ではなかっただろうか。これだけ道が広く、信号も交通量も少ないとスピードが出すぎてしまうのかもしれない。しかし、本当の北海道らしい道路はまだ先のこと。夏樹にとって、感動の連続となり、本当の旅のはじまりへと続いていくこととなる。


・拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
・応援いただき、ありがとうございます。

スポンサーサイト
2010.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/357-15a35fbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。