上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
~ぷろろーぐ Ⅳ~

 昔、都があった街にすんでいたころの休日には、移動方法としては最も安上がりで、機能的だと思うバイクを駆って、できるだけ交通量の少ない北よりの道を走っていた。
(南よりは交通量が益々多くあまり行かなかった)
 この辺りでも一時間も走れば田舎は結構あるのだ。

 連休の時はユースホステルを利用して中部、東海、北陸、方面へ良く出かけた。秋から春に掛けては電車などを使っての移動となった。
 電車などの移動はつい欲張ってしまうわけではないが、どうしても窮屈なスケジュールになってしまう。
 地方のローカル線は本数も少なく、常に時刻表とにらめっことなり、分単位での乗り換え、移動が多かった。宿ももちろん予約しておかなければならない。そんな前準備もそれはそれで楽しいのだが、旅行途中で進路変更、宿変更、もちろん日程変更もできない。前準備したとおりの進路、宿、日程をつつがなくこなして無事に予定通り帰宅する。いわゆる旅行をしていた。

 そんなある日、乗り換えのために駅の跨線橋を小走りしていた時、花火大会のポスターが目に入った。同じポスターが何枚も貼られていて、走りながらでも今日がその日であることが分かった。

「花火、見たいなあ」 
 
 でもこのまま走って1番線に降りて、まもなく発車する列車に乗らないと今日の宿に辿りつけなくなる。でも目の前で打ち上げられる花火を見てみたい。
「1番線より○○行きの列車がまもなく発車いたします」
 無常なアナウンスが聞こえてきた。列車には間に合ったが、心ここにあらず。車内にも花火大会のポスターが吊り下がっていた。何で見に来ないんだよ。と言われているようだった。

 これを期に時間と日程にとらわれずに自由に旅がしたくなった。今日の宿は泊ろうと思った時に決める。今日は西か、東へ向かうのか、それはその日の朝に決める。そんな旅に出てしまったのが今ら二十二年前だった。
 全国を周り、なぜか東北の雪深い田舎に暮らしている。




  ランキングに参加しています
  下をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

  


スポンサーサイト
2008.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/4-e671f26c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。