上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ようやく駐車場に車を置き、桜木町駅で電車に乗ったのは八時ごろだった。約束の時間まで一時間となった。三十分ほどで上野駅には着くと岡本は言っていた。そして、必ず横浜で東海道線に乗り換えるようにとも言っていた。
「京浜東北線、上り大宮行きがまもなく到着します」
 ホームに上がると構内アナウンスが聞こえてきた。この電車に乗って横浜駅に行き、乗り換えればいいのだと、その時は思った。青い色の京浜東北線の車両に乗ると、乗降口の上にある路線図が目に入った。鉄道好きの人間はなぜかそういうものが気になり、すぐに見てしまう。見なければ良かったのだけれど。
「京浜東北線って上野を通って大宮まで行くんやんか。ほな横浜で乗り換えんでもこのまま乗ってても上野に着くやん」
 このままこの電車に乗っていても上野には着くのだが、関東にお住まいの方はもう気がつかれたであろう。横浜駅から東京駅までは東海道線も京浜東北線もだいたい同じ場所を走っているが、停車する駅が違うのだ。
 東海道線に乗ると横浜駅から四駅目が東京駅だ。所要時間は二十六分。京浜東北線では十三駅目が東京駅で、所要時間は四十二分もかかる。現在の時刻表を調べてこの時間差である。三十年近くも前ならば所要時間はもっと多かったかもしれない。このことに気がついていなかった夏樹は、面倒な乗り換えをせずに、このまま京浜東北線に乗ることを選択し、横浜駅では下車しなかった。
「あれ、今の電車の行き先表示は東京って書いてなかったか」
 横浜駅を出発してしばらくしてからのことだった。
「ううん、そうみたいやなあ」
 飛沢があやふやな返答をした。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/417-3e96c97a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。