上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「何で建物がなくて、大仏だけがあるんやろ」
 飛沢が目の前に聳える大仏を見上げて言った。
「大昔に津波が来て、建物はなくなったって聞いたような・・・」
 岡本は自信のない言い方だった。
「そうなんやあ」
 飛沢にはそれ以上の興味はないようだ。
 長谷駅から再び江ノ電に乗り極楽寺駅に向かった。ドラマのシーンなどを思い起こしながら、駅周辺を歩いた。駅からすぐに極楽寺があった。寺の写真は残っているが、なぜか駅と江ノ電の写真が残っていない。二十数年も前のこと、なぜなのかは全く覚えていない。

               極楽寺

 このあと海へ出た。湘南の海、サザンの世界に慕った。
「あれが江ノ島よ」
「へえ、あの歌に出てくる江ノ島かあ。江ノ島がみえてきた・・・」
 飛沢が突然、サザンの歌を歌いだした。
「へたくそやなあ、それに、そこしか知らんのかいなあ」
「ええやないか、そこだけでも知ってたら」
 また田中が微笑んでいた。
「さあ、そろそろ行こか。昼を食べたら、鎌倉に戻って帰ろうか」
 夏樹が言った。もちろん夏樹と岡本、田中は明日から仕事、飛沢と石田は学校がある。湘南の海沿いにあるラーメン屋で昼を食べ、江ノ電に乗り鎌倉駅へ向かった。
 岡本たちとは鎌倉駅で別れた。年末に浜名湖で会うことを再度約束した。
 今回は飛沢、石田の三人で初めて車を使って旅行をしたが、わずか二日ちょっとの慌しいものだった。いずれまたゆっくりと旅をしようと帰りの車の中で約束をした。いつの日か時間など気にしないで、気の向くまま風の吹くままの旅をしようと。

              小説のような、旅のはじまり 十章 完


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/440-0af3ab71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。