上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


「いいんじゃないか」
突然、顧問の田代先生が入って来た。
「びっくりしたなあもう」
「来るなら、来るって言ってくださいよ」
「本村、お前がここで悪いことしてへんか、見にきたんや」
「なんにも悪いことなんかしてませんて」
「飛鳥、吉野方面なら、三日間でゆっくり廻ってこれるし、ユースもいいとこがあるはずや」
田代先生は学生時代に日本全国を歩いて旅をしたと、逢坂が聞いてきた。いわゆる『カニ族』の走りのようなもので、一日に五十キロも歩くことがあったようだ。ユースホステルはその時に利用したようだ。夏休みを中心に三年間で全国を廻り、ユースには百箇所以上に泊まった。ただ、毎日は泊まらなかった。安いとは言っても毎日となると経済的に少々きつく、三,四日に一回ぐらいの利用だったようだ。ユースに泊まらないときはどうするか、無人の駅や寺、神社の軒で寝袋一つにくるまって寝ていたそうだ。

「何時のどこ行きの電車に乗って、どこを見て廻わるか、時刻表と、ガイドブックを見ながら、ちゃんと計画書を作っておくように。田代と本村もサボらんように」
「はあーい」
田端と本村は先生とは目を合わせずに、少しふてくされた顔つきで、小さく返事をした。


  ランキングに参加しています
  下をクリックしてください。ご協力お願いします。
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
スポンサーサイト
2008.08.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/45-ce49339a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。