上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「なんか、楽しそうですねえ、僕らも仲間に入れて下さい」
 男四人組がそれぞれに缶ビールを持って、夏樹たちのテーブルに集まった。
「まずは初めまして、今夜かぎりかも知れへんけど、よろしゅうたのんます。カンパーイ」
 夏樹が音頭を取り、缶ビールを持った腕を頭の上まで上げた。それにつられるように他の五人も大きく腕を上げた。
「こちらの兄さんは関西ですね。俺も滋賀なんですよ。今は広島の大学に通っていて、今日は休みを利用して四人でちょっと一泊旅行に来ましたんや」
「滋賀の出身ですか。なっ小林くん、関西人やってすぐにばれてしまうやろ、これが普通や、あんたは気がつくのが遅すぎるわ」
「すみません」
「いや、べつに謝らんでもええねんけどな」
「でもそちらの関西弁は大田のとは少し違いますよねえ」
 滋賀出身の大学生の隣に座っていた長髪の男が言った。
「あんた、なかなか鋭いねえ。俺は京都です。違いが分かりますか、滋賀と京都ってそんなに喋り方が違うかなあ」
 滋賀出身の大学生に顔を向けて話した。
「どうやろねえ、滋賀の北部やからちょっと訛ってるかもしれへんねえ」
「訛った関西弁ってどんなんや、そもそもいわゆる標準語から見たら、関西弁が訛ってんのとちゃうか」
「確かにそうですけど、それを認めへんのが関西人でしょ」
「そうなんよ、滋賀県人も同じように関西人なんやなあ」
「なぜ、関西人同士が旅先で一緒になると中心的存在になっちゃうんですかねえ。俺は高校、大学とユースホステルを使って全国を旅してるけど、関西の人が二人以上いると、その人たちが司会者のように仕切るんですよねえ」
「すんません」
 滋賀出身の大学生と夏樹が同時に謝った。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.08.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/451-bc906b4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。