上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 この日の泊まりは、高知駅から歩いて七分の高知駅前ユースホステル。民営のユースホステルで定員は百四十名だった。一室に二組の二段ベッドが向き合って置いてあるのだが、その間が狭く荷物を置く場所もないほどだったのを覚えている。(時期は分からないが閉館されている)
 物々しいことになっているからなのか、宿泊者は少なかった。夏樹と同じ部屋には先客の一人の男がいたが、顔を合わせてもあまり愛想がよくなく、食後はベッドのカーテンを引き早々と寝てしまったようだった。ミーティングもなく、食堂に人影はまばらで情報交換をできなかった。仕方なく夏樹も早々に寝ることにした。

 四国の旅、三日目は曇り空だった。朝食を早めに済ませ、高知の街へ出かけた。高知の旧国名は土佐、土佐と聞いて思い浮かぶのが、はりまや橋。「坊さんかんざし、買うをみた・・・」の歌詞が思い出される。随分と古い歌なのだが、はりまや橋と言えばこの歌の印象が強く残っていた。
 高知駅から南へすぐの所にあり、交通量も多く土佐電気鉄道の路面電車も走っている。今は橋の欄干が観光用に残っているだけで、この橋の下は随分と前に埋め立てられたようだ。
 この橋の近くに追手筋と言う道があり、日曜市が開かれていた。毎週日曜日にだけ開かれる街路市で、ちょうどこの日が日曜日だった。それぞれの店には南国らしい大きな柑橘系の果実や、野菜に海産物、生活雑貨などが売られていた。端から端までを一通り見て周りサトウキビを見つけ、思いのほか安く、初めて見たので買い、店の人に食べ方も教わり土産として持って帰った。

       はりまや橋1

              はりまや橋2

                     朝市



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
人気ブログランキングへ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.08.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/457-b1d8e66f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。