上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「俺は、日本中を見て廻りたいんです。子どもの時から旅番組を見るのが好きで、日本地図を見るのが好きで、自分の目でまずは日本中を見たいんです。世界はその次ですから」
「日本なあ、よう分からんけど、君の意思が強く決心が固いようやから止めはせん。そやけど一回、退職すると再雇用と言う分けには行かんから、夢とやらに挫けず、つまずかんようにがんばりや」
「はい、すいません。勝手なことを言いまして。急ぐ旅ではないので、今年入った新人さんにある程度のことは教えてから辞めますので」
「いや、そんなことは心配しなくて良いから」
「僕なりのけじめですので、そうさせてください。五月の締め日までという事でお願いします」
 なんとなく円満退社?と言うような感じだったかな。
 次の休みの日からテントと寝袋、キャンプ用のバーナーや食器類を買いに行くようになった。社長に退社のことを言い、わかってもらえたことで気持ちが楽になり、頭の中をぐるぐると駈けずり回っていた多くのことが、何処かへ飛んで行き軽くなったようだった。

 五月末で退社し実家にいて役所へ転居の届けをしたり、最後の準備をしたりして一週間ほどが過ぎた。そして六月四日に出発することにした。この日に決めたのには大安というわけでもなく、特別な理由はなかった。
「さて、とりあえず北へ向かって行こうか。どこを通って行こうかなあ」
 高速道路を使うと料金が高いし(当時は乗用車も二輪車も同じ料金だった)、そんなに急いで進む必要もない。主要国道は交通量が多いため山間部を通って夕方までに、よいキャンプ場が見つかれば言うことがないのだが。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/474-81255a62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。