上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 いくつ目のヘヤピンカーブを曲がった時だろうか、バスを先頭にした大行列に追いついてしまった。大行列は完全に停車している、おそらく先頭のバスが対向してくるバスか、それともトラックのような大きな車と行き違うのに難儀しているからなのだろう。広い道路で渋滞している時は、停車している車たちの左側をすり抜けて前に出るのだけれど、狭く先の見通しの悪い道路では、おとなしく待っているしかできない。
 しばらく待っていると4tぐらいのトラックが坂を登って来た。その後には数台の乗用車とバイクと観光バスが行列を作って付いていた。下りの行列が停車していた理由はこのトラックたちの行列だったようだ。登ってくる行列の最後尾が横切る前に、下りの行列も動き出した。
 狭くて急な下り坂がようやく終わり谷の底へ着いたようで、少しだけ坂の勾配が緩くなったような気がする。右の方を見ると安房トンネルの工事が始まっていた。この時から10年ほど後に開通したようだ。さらに700mほど進むと左上高地、右松本の標識が見えた。
 道路わきの横断幕には上高地へのマイカー規制の案内が書かれている。上高地へはバスとタクシーそしてバイクだけ。(今ではバイクと一般の観バスも規制の対象になっているようだ)そのため先頭のバスをはじめ数台のバスは左へ、乗用車は右へ曲がって行った。夏樹もバスの後ろに付いて右へ曲がるとすぐに落石防護のシェルターに入った、そしてすぐに停まってしまった。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/484-dc781c13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。