上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 トンネルの長さは510mほどしかないようなのだが、時速5kmで走行するとなかなか出口に辿り着けない。あまりにも速度が遅すぎてエンストしてしまいそうになり、慌ててクラッチを握りローギアーに落とすこともあった。排気ガスがとにかく臭く、呼吸と視界が最悪の状況から速く抜け出したかった。それなのに突然、前のバスが停車してしまった。すぐに動き出したが、登り勾配がとても急だから発車の瞬間に今までよりも大量の排気ガスを噴出し、ほんの少しだが夏樹に向かってバックしてきた。そんなことが二回か三回あり、その度に危険を感じ焦った。
 ようやく視界が明るくなりトンネルを抜けた。トンネルの入り口にもあった落石防護のシェルターをしばらく走り、いよいよ上高地に入っていった。ここまでくれば勾配も緩くなり、ギアーを蹴り上げ少しは速度を上げて走れるようになった。シェルターを抜けると視界が広がり道路わきの木立から穂高の山々を垣間見ることができた。
 バスの後をゆっくりだけれども快適に走ると、大正池が見えてきた。バイクを停めてカメラを取り出し池の畔までいってみた。案内版には焼岳の噴火により堰き止められた池で大正時代にできたから大正池だそうだ。その時に立ち枯れした木が今も池の中に数本たっており、今までに見たことのない景観に感動し数枚の写真を撮った。
     
      大正池1

                     大正池2

 大正池から間もなくのところに帝国ホテル前と書かれたバス停が現れた。来るだけでもこんなに大変な山の中に、日本を代表するような高級ホテルがあるなんて、ちょっと信じられなかったが、生茂った木立の間から真っ赤な洋館が見えた。いかにも高そうなホテルの佇まいだ。創業は昭和8年だそうだ。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2011.12.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/486-169d2594

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。