上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 空は相変わらずどんよりとした雲が立ち込めているが、かろうじて雨粒は落ちてこなかった。いずれ近いうちに降ってくるであろうと思われた。バッグの奥のほうに入っている合羽をすぐに取り出せるように、一番上に入れ替えバイクの後に括り付けた。
 清里から国道141号線を3キロほど北東へ走ると長野県との県境がある。国道のすぐ横に小梅線が走り、長野県に入ってすぐのところにある踏切が国鉄(日本国有鉄道、現JR)の最高地点で日本海と太平洋との分水嶺になっている。標高は1.375m、私鉄なども含めた普通鉄道の最高標高地点である。

                 野辺山

 この踏切の横で道程を確認するために地図を開くと野辺山は、左に八ヶ岳、右に南アルプスを望める高原地帯にあることが分かる。線路の周辺も広大な畑と牧場、おしゃれなペンションが立ち並び、ペンション、別荘用地を宣伝する看板も数箇所に立っていた。地図をよく見ると野辺山から北東方面に「御巣鷹山」の文字が目に入った。今から二十七年前にジャンボ機が墜落した山だ、この時は事故から二年後で、ニュース映像を鮮明に覚えている。
 さらに国道141号線をゆっくりと北へ向かって目を送ると軽井沢の文字が見える。古くから避暑地、別荘地として有名なところだ、一見の価値有り、まずは軽井沢へ向かうことにした。およそ60kmのところにある。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/503-b7ea42b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。