上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 佐久市を過ぎ国道18号線を右へ曲がると軽井沢町に入る。信越線の中軽井沢駅の前に大きな観光案内用の地図があった。それによると軽井沢と言っても旧軽井沢、新軽井沢、そしてここ中軽井沢と幾つもの軽井沢があるようだ。おそらく旧軽井沢と書かれたところが別荘地として歴史が古いのではないかと考え、この地図とバイクに括り付けた地図を見ながら向かった。
 鬱蒼と茂る木立の中に今まで見てきたペンションのような派手な洋館ではなく、落ち着いた色合いの建物の一部が見えた。その洋館の周りは木立で囲まれていて、道路からは建物全体がよく見えなかった。隣の建物とは少しぐらい騒いでも気にならないであろう距離があり、都市の住宅街に住んでいた夏樹には、とても贅沢で高級な佇まいに思えた。一生で一回限りの最高の買い物がマイホームを建てること、と言うのが世間一般の暮らしなのに、それとは別に休暇のためだけの別荘を持つと言うことは夏樹にはありえない世界に暮らす人たちのこと、別世界の人たちのこととしか思えなかった。

                       軽井沢1

軽井沢2

                       軽井沢3
     
             軽井沢4

 この時は休暇を楽しむ人が少ない季節なので、別荘の周辺を行き交う人はほとんどいなかった。そんな人通りの少ない、高級な別荘地を安物の合皮ジャンパーにボロボロの皮ズボンを履き、バイクに乗ってゆっくりと走りキョロキョロとしていると、不審者と間違われてしまいそうな思いがしてきた。
 風景に見とれ、高級感に浸りながら思いのまま走っていると、旧三笠ホテルの案内板が見えた。明治期に建てられた純西洋式木造ホテルで、重要文化財として一般公開されている。案内板に沿って行って見ることにした。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録





スポンサーサイト
2012.02.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/504-0c2ebc3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。