上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 昨日からずっと降っていた雨も六日町あたりでようやく上がり、東の空が少し明るくなってきた。
 国道十七号線を北上し、長岡からは国道八号線に入って行った。山が後方の遠くに見えるだけで付近には高い山がなく、平坦でカーブが少なく片側二車線の広い道路はとても走りやすい。あまり休むことなく前へ進み、走行距離を稼ぐことができた。
 三条のあたりで右へ行くと新発田の標識を見つけ、地図を確認すると山形へは新潟市内を通るより近いようだ。それに新潟市内は道が複雑に入り組んでいて分かりにくそうだ。
「今日はこのまま新潟を抜けて、さて山形のどこら辺まで行けるかな、何処かのキャンプ場で今日はテントを張るぞ、天気も良さそうやしなあ」
 周りの車のスピードに合わせて走り、独り言を言った。
山形?あっ、あそこに行ってみたかったんや」
 以前にペンション情報という雑誌のことに触れたことがあったが、その巻末に「アルバイト、居候募集」というコーナーがあった。そこには全国のペンションのアルバイト、居候(三食と寝るとこが付いていてペンションの手伝いをする人、手間賃はわずかだけれど忙しい時の手伝いと言ったものだろうか)の求人欄が北から南へ掲載されている。夏樹は世間が夏休みの時期に北海道のペンションでアルバイトか居候をしてみたと考えていたのだが、条件の欄に二十一歳ぐらいまで(すでに二十五歳となっていた)テニスができる人(そんなもん、やったことがない)料理ができる人(インスタントラーメンぐらいな作ったことがあるけど・・・)とにかく条件が合わない。やっと難しい条件がないところを見つけて電話をした。
「ごめんね、もう決まっちゃったのよねえ」
 何軒か連絡してみたが、どこも採用済だった。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/519-24e2d12c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。