上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ペンションでの二日目は客室の掃除を少し手伝い、オーナーと芝生張り作業にとりかかった。天気が良く少し動けばジワリと汗が出てきた。一輪車に芝の束を乗せ、小屋からグリーンまでの往復を何回しただろう、慣れない作業だからか足腰に痛みが出てきた。
「夏樹君、だいぶくたびれてきたようだねえ、腰が少し曲がってきているし、歩くのも遅くなってきたんじゃない」
「ちょっと腰がねえ・・・」
 押していた一輪車を止め、大きく背伸びをし、腰を伸ばした。
「そんなに重いわけやないんやけど、一輪車がいまだに思うように押せなくて、くたびれてきましたは」
「じゃあ、少し休もうか、ちょうど十時になるころだし」
 ペンションに戻り玄関のテラスの椅子に座り、冷たいお茶をいただいた。
「もう少しで出来上がるなあ。今日中には全部の芝生を敷き終えることができるよ。そして、一週間も寝かせておけばゴルフができるよ」
「えっ一週間後やないとできないんですか、俺はできひんのかあ」
「ああ、別にもう少しここにいてもいいよ」
「でも北海道に行って、会う約束をしているところもあるしねえ」
「いずれ北海道から京都へ戻るときがあるんだろ、その時にまた寄ればいいじゃないか、その時までに今以上に整備しておくよ。こんなに手伝ってくれたし、君にはここでプレーをする権利があるんだから」
「ありがとうございます、秋にはまた寄れると思います。その時を楽しみしています」
 予定通りこの日のうちにグリーンの芝は張り終わり、丸太に二本の棒を付けた道具で軽く芝の上を叩いて芝を整え終えたころには、陽が山に隠れそうになっていた。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.05.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/536-2f562ae5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。