上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「こんにちは」
「いらしゃい。ライダーさんだね」
「はあ、こんな恰好をしてたらすぐにわかりますかあ」
「関西方面から来たんすな」
「早い、こんな早くに関西人やって、ばれるのは初めてかも」
「うちにはねえ、おたくさんみたいなライダーさんが、ちょくちょく寄って行ってけるもんでね」
「・・・」
「ちょっと訛ってて、わがんねえか」
 店主はにこにこと笑顔を絶やさず話をしてくれた。初めて東北弁を聞いたように思う。
「ここって寿司屋さんですよねえ、けど焼肉定食もあるんですかあ」
「こんな田舎だからねえ、いろんなことをやらないと、食っていがれねぇのよ」
「じゃあ、その焼肉定食をお願いします」
「はあい、少々待ってたんせんなぁ」
 店主はそう言って奥の厨房へ入って行った。四人掛けのテーブルが六セットだけの小さな店だけれど、夏樹の他には客の姿はなかった、夕食時には少し早いのかもしれない。
「お待たせしました、焼肉定食です。ちょっとサービスしといたから」
「おぉきにぃ、ありがとうございます」
「兄さんは今日の泊りはどこなの」
「その辺の松林にテント張って野宿をしようかと」
「いいねえ、どこでもテントを張れるよ。明日の天気も良いみただし、それにアベックの乗った車も時々入って行くみたいだから、面白いかもねあ・・・」
「はあ、アベックの車ですか」
「松林を抜ければ海だからね、最高のデートコースだべ。月夜なら海が綺麗なんだよ」
 店主はとても楽しそうに話をした。夏樹はその話に気を取られ、なかなか箸が進まなかった。海の方からの西陽が店全体を照らし、すべてのものがセピア色になって見えた。

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/543-f297c8a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。