上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ねぷたの館のすぐ近くに武家屋敷などの古い建物が並んでいた。先ほどのお姉さんが言っていたように、歩道に木造のアーケードが張り出していた。街の商店街にあるようなアーケードではない、建物の一階部分の延長ほどの高さしかなく、歩道の幅も人が行き違うのに支障がない程度の広さなのだ。雪が珍しい所で生まれ育った人間には、この屋根の役割がどの程度のものなのか、計り知ることはできない。
 バイクに跨り再び北へ向かった。目指すは「竜飛岬」。津軽海峡と言えば冬景色、そして竜飛岬。連想ゲームのようだが(若い方には分かりませんかねえ)それだけ深く印象が残っているあの歌に出てくる「竜飛岬」はいかなる最果ての地なのか、とても興味津々である。
 五所川原から国道339号線を走る、地図で確認すると津軽半島の中心部を北上する道路で、十三湖の湖畔を通り日本海側に出て、竜飛岬に向かうようだ。
 この日は朝からずっと天気が良く、合皮ジャンパーは少々暑苦しい。
 
                津軽半島から日本海


 十三湖の湖畔を通り抜け、日本海が見えてきた。真っ青な海とそれに負けないぐらいに真っ青の空が夏樹の目の前に広がった。海が見えた途端に潮風が心地よく吹いてくるのを感じるようになった。今まで暑苦しく重い気持ちが軽くなったのもつかの間だった。小泊を過ぎまもなく竜飛岬というあたりだろうか突然、工事中の看板が行く手を遮った。六月十五日まで工事による通行止めと書いてある。あと四日後には通ることができたのに、残念だが小泊まで戻り県道を今別町三厩に向かい竜飛岬に向かうこととなった。

                観音崎
                      《小泊岬》
             


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/552-32f8a0bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。