上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「兄さん、京都から来たのか。今日、フェリーできたのか?」
「はい、さっき・・・」
「怪我はなかったか」
「はい、大丈夫そうです・・・。直りますかねえ」
「これぐらいなら大丈夫だ、今日すぐにって言うわけにはいかねえけどな、ほら荷物も荷台に乗せて」
「はあ、ありがとうございます」
 軽トラックの助手席に乗せてもらい、ゆっくりと今来た道を北上して行った。五分ほどで小さな自転車屋さんの店の横に軽トラックは入って行き、店の中へ案内された。
「大変だったねえ、今日は暑いから、そのジャンパーを脱いで、とりあえずこれでも食べて」
 そう言って自転車屋の店主の奥さんらしき人が、アイスキャンディーを渡してくれた。自転車屋の棟続きに駄菓子屋のような店があり、その店は奥さんが切り盛りしているようで、その店から持ってきたようだ。
「おぉきに、ありがとうございます」
 いただいたアイスキャンディーの包みを開き、中身を取り出そうとした時、自転車屋の店主が小走りに夏樹の前に戻ってきた。
「来てすぐに慌ただしいんだが、函館のサービス工場で直ぐに来いって言うから、持って行こう」
「ええ、は、はい・・・」
「あんた、まず座って、少し涼んでからにしたら。この人にアイスの一本ぐらい食べさせてからでいいだろ」
「おおう、そうだな。俺にも一本くれよ」
「あいよ」
 そう言って奥さんは夏樹がいただいたアイスキャンディーと同じものを、自転車屋の店主に手渡した。
 今日の気温は何℃ほどあるのか、手に持ったアイスキャンディーは、みるみる融けだし、水滴が地面へ落ち始めた。夏樹より先に自転車屋の店主が食べ終えた。食べ終えると同時に立ちあがり、さあ行こうと言わんばかりに夏樹の様子を伺った。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/561-5460d161

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。