上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 生まれて初めて寿司屋のカウンターで食べる寿司は、最高に旨かった。大将の職人としてのこだわりの話も面白く、なるほどと頷けることばかりだった。石垣の話も面白かった。現在の小樽運河は観光用に綺麗に整備されているが、当時は歴史ある趣の運河を埋め立てる話があり、多くの地元住民は反対運動をしていたようだ。「小樽からこの運河がなくなれば小樽じゃなくなる」「運河は小樽の象徴だ」とお役所とやり合う先頭に立った一人が石垣なのだ。
「あいつらは、小樽の発展のために運河を埋め立て、道路にすると言いやがるんだ。でもこの運河があるから小樽なんだよ、埋め立ててしまったら小樽じゃないじゃないか」
 酒も入っていないのにかなりの見幕で捲くし立てていた。
「ちょっと、落ち着いて。運河のこととなると熱くなるんだから。この人に熱弁したって・・・、困るよねえ」
 石垣の奥さんが夏樹の顔を見て言った。
「そうだな、ごめんよ。でも他所から来た人にも俺の、この気持ちを少しでも分かってほしいんだよ」
 石垣はそう言って夏樹の肩をぽんと叩いた。
「はい、ちょっとだけわかります。何でもかんでも新しくすれば良うなるなんて思ったって、あきませんやろ。役所の人間はちょっと偉ぶる奴が多いからねえ、俺もちょっと役所の人間とやりあったことがありますねん」
「ほうぅ、なかなか面白いやつだなあ。仕事も住むところも世話するから、小樽に住まないかい」
「いやあ、いいところですけど、まだそこまでの気持ちは・・・」
 なにを馬鹿なことを言っているのかと、石垣の奥さんが石垣の背中を少し強く叩いた。それから運河の話がしばらく続き、寿司屋の大将も握り終えてからは一緒に運河の話を語り始めた。
「あの時は面白かったなあ。測量をするからと、大きな重機を河岸に持ってきて長い杭を打った時だよなあ」
「そうそう、われわれ反対住民がその現場を取り囲むなかで重機がコンクリートの杭を打ったのだけれど、川底の土が予想以上に軟らかかったのか、打ち終わった杭が斜めに傾いたんだよ」
「そうそう、そしたら取り囲んだ俺たち皆が拍手をして喜んでさあ」


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.11.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/581-ad0b3ef0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。