上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 小樽から洞爺湖へ行くには、少し東の札幌方面へ行き県道、いや北海道だから道道だ、それを南下して国道230号線を南西へ向かう方法と、国道5号線を戻って倶知安から国道276号線へ向かう道のりがある。後者の国道5号線を戻ると言うのは、気ままな旅としては面白みが無い。できれば通ったことない道を走りたい、となると道道から行くとにした。
 道道に入るとすぐに山あいの道となり、10キロほどで峠を一つ越えた。そこからは緩やかではあるが山間道路が続く。夏樹の思い描いてきた北海道らしい道ではない、山が両側に迫った道だった。
 国道230号線に入りすぐに定山渓の温泉街を抜けていく。アイヌの人たちに古くから知られている温泉で、今では二十数件の宿があり、札幌の奥座敷と言われているところだ。温泉街を過ぎても登り勾配が続き、トンネルを一つ越えるとカーブが多く急勾配が続く峠道となった。峠からはこれから向かう洞爺湖が望めた。天気が良すぎるのか、少し靄がかかり遠景はかすんでいた。

               中山峠から洞爺湖

 峠を越えると左右の山が少しづつ遠のき、視界が広がってきた。やがて視界の先にはひときわ高く、富士山のような山が見えてきた。火山の噴火によってできた羊蹄山だ。別名蝦夷富士と言われている。標高は1.893メートルで、頂にはまだ雪が残っている。
 国道276号線を跨ぎ、さらに南西に進むと、羊蹄山は右手の方角にそびえる。大きく視界が広がり、羊蹄山の麓に広々とした大規模農園が続いていた。すると突然、留寿都スキー場の看板が見えた。スキー場を中心にホテル、ペンションなどが広々とした高原地帯に点在し、遊園地もあるリゾート地だ。現在では北海道で最大規模の通年型リゾートで、ゴルフ場やプールもあるようだ。
 ここの地名の留寿都(ルスツ)もアイヌ語が語源で『道が山の麓にある』と言う意味だと書いてあった。ルスツという語感が、一度聞くと忘れられない。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


・ 応援いただき、ありがとうございます。


          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2012.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/587-774be973

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。