上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 滝川市に入った。また空模様が怪しくなり、色の濃い雲が空一面を覆うようになった。雨が降ってくる前に国道沿いのラーメン屋に入り、少し早めの昼飯にした。
 夏樹は食い物にはあまり拘らないし、ほとんど好き嫌いもない。どこのラーメンが美味いとか、美味くないとか興味がなく、食えればいいのだ。ただ関西人に共通するようなのだが、納豆だけはどうしても食べられないようだ。テレビの旅番組などでは旅先での食も楽しみの一つとして、名物やご当地グルメを紹介している。北海道の食は海産物と、広々とした牧場、農場で育った肉と野菜が紹介され、次にラーメンがよく画面に出てくる。滝川に有名なラーメン店があったかどうかは分からないが、このとき食べたラーメンのことはまったく覚えていない。国道沿いの小さな店の様子だけが、微かに記憶の片隅に残っている。
 昼時には少し早いからなのか、店内には客がまばらで、夏樹が注文したものはすぐに目の前に出てきた。朝の時間に雨の中を走り、少し冷えた体を中から温めてくれた。
「今は降ってへんけど、また降るかもなあ。今日はユースに泊まろうか」
 食べ終わってからユースホステルガイドを取り出し、今日の宿泊地を探した。留萌に一軒、そこから少し北の小平(おびら)にも一軒ある。小平町立望洋台ユースホステルは海の近くに建ち、部屋から海が望めるようだ。まずは望洋台ユースホステルに電話をすることにした。滝川からは百キロメートルほどだ。
 ラーメン屋を出てすぐに公衆電話からユースホステルに連絡をした。いつものように「会員ですか?夕食は?何時ごろになりますか?」当日の昼ごろでも宿泊の確認がとれるのだ。それもそのはずで、この日のこのユースホステルには夏樹と福島から来たというライダーだけだった。
 電話ボックスを出てまもなく雨が降り出した。すでにラーメン屋を出たときから雨合羽を着て走っていた。だから慌てることはなかったが、国道275号から233号へ入ると強い横風が吹き出した。時には突風が夏樹とバイクを襲い、その度にバランスを崩し転倒しないように緊張して走った。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/593-11ae5b72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。