上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 少し残念な思いをしたが、とりあえず腹は満たされた。『北時計』を探しにバイクを進めた。
 富良野駅に寄り観光マップをもらったが、観光マップにはドラマ「北の国から」のロケ地や宿泊施設などは書かれているが、北時計と言う文字が見つからない。駅を中心にうろうろと走ってみたが見つからなかった。富良野の人であろうと思われる人に聞くことにした。

            マップ

 バイクを徐行させ停車し、歩いてくる少し年配の女性に声を掛けた。
「すみません」
 一瞬のけぞって変な顔をされてしまった。たしかに怪しいいでたちではあるが、決して悪い奴ではない。
「なんでしょうか」
北時計という観光案内所はどこでしょうか」
 関西弁丸出しである。それがかえって良かったのか女性の顔に少しだけ笑みがもれた。
北時計は観光案内所じゃないよ、喫茶店だよ。観光案内もしてくれるけれどね」
 夏樹は駅でもらった観光マップを取り出し、その人に見せた。
「この辺りに行けば分かるよ」
 そう言って地図のある場所を指で示し、北時計の場所を教えてくれた。
「おぉきにぃ、ありがとうございます」
「やっぱり大阪の人なんだ。娘がね大阪の人と結婚したのよ、その旦那さんがねあなたと同じ話し方をするのよ」
「はあ、おんなじ関西ですけど、おれは京都ですねん。大阪とはちょっとちがいますねんけどね」
「あらぁ、京都ですか、ごめんなさいね、大阪の人だと思っちゃった」
 人間は少しだけ何かの共通点があると、心が打ち解けることができるのだろう。見た目は少し怪しいのだけれど。
 目的地は富良野駅から国道38号線を北へ向かい、左手の山の方へ少し入ったところにあった。太い丸太で造ったログハウスの大きな建物だった。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/598-ee9e8b47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。