上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 大阪から来た新婚さんは、レンタカー借り一週間かけて北海道を廻り、今日は富良野のホテル、明日は札幌のホテルに泊まり、その次の日に飛行機で大阪へ帰るのだと言っていた。
「思いっきり、北海道を楽しんでくださいね」
 女の人が言った。
「はい」
「きぃつけて、走ってくださいね。バイクは倒れると怪我をしますから」
 男の人が言った。
「はい、おぉきにぃ」
「あほやなあ、バイクに乗ってて、倒れたら怪我をすんのは、当たり前やんか・・・」
「えらいすんまへんなあ」
「あのう、ここで夫婦漫才をせんでもええのとちゃいますか・・・」
 三人で大きな声を出して笑った。

 富良野ホワイトユースホステルは、富良野スキー場のすぐ近く、ペンション街の一画にあり、ペンションのよう建物だった。現在は富良アルパインビジターセンターと言う宿泊施設に変わったようだ。しかし、一人で泊まりに行くとユースホステルのように二段ベッド男女別相部屋に泊めてくれる。料金も格安のようだ。
 数台のバイクが建物の前に並べて置かれていた。その列の端に夏樹のバイクを停め、荷物を降ろして玄関に向かった。
「お帰りなさい」
 受付の中から一人の男が言った。
「ただいまあ。さっき電話した夏樹です」
「なんか、荷物が多いねえ。バイクで来る人はみんな、荷物が多いねえ」
「テントなんかが入ってますから」
「キャンプもするんだ。はい、これに必要事項を書いてください。それと、会員さんですか」
「はい」
「じゃあ、会員証を出してくださいね」
 ユースホステルでのいつものやり取りが交わされた。
「なんだか、人が多いですねえ。昨日のユースホステルは二人だったから・・・」
「でも二十人ぐらいですよ。ドラマの影響で人気が出てきましたからねえ」
「北の国からですか、残念ながら俺は見てへんのよねえ」
 ビデオデッキもまだまだ一般には普及していないころの時代、リアルタイムの放送を見逃せば、再放送を待つしかなく、その再放送は午後、昼ドラの時間帯の次に放送されることが多く、一般社会人がテレビに向かえる時間帯ではない。数十年、十数年先に「なつかしのテレビシリーズ」みたいな番組でようやく見ることができた。




拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.02.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/602-3462b0d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。