上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 太平洋からの風はとても冷たく、スピードに比例して冷たさは増し、とても六月とは思えないほどに寒い。警察のネズミ捕りに引っかからないようにするためもあって、あまり速度を上げずに走った。
 帯広から今までの風景は、夏樹が今までに見たどれよりも興味を抱かせ、右や左をキョロキョロと見入っていた。交通量が少ないことで進行方向もバックミラーで後方も気にせずキョロキョロしていると、夏樹の横を追い越して行く車が現れ、あまりに突然のことに驚かされた。しかし驚くのも一瞬で、見る見るうちに目の前から遠ざかって行ってしまう。

   音別2
                 音別1

 白糠町を過ぎ根室本線と平行して走るころから交通量が増えてきた。道東最大の都市、釧路市に近づいてきたようだ。国道沿いから畑や林が少なくなり、店や人家が目立ってきた。釧路市内に入ると、どこの都市でも見慣れたビルが立ち並び、大型のショッピングセンターなども見えてきた。また、製紙工場や水産工場の大きな建物も並んでいた。港には遠洋漁船が停泊していた。
 あちらこちらの赤信号で停車させられ、周りの車や歩行者に気を使いながら前に進んだ。
 市内ではどこにも寄らず、ひたすら国道38号線を東へ、案内標識の『根室 厚岸』と書かれたほうへ走らせた。釧路市から隣の釧路町へ入ると海から離れ、曇り空から日差しが表れてきたことで寒さも少し緩んだ。周りに標高の高い山は見えない。緩やかな丘がどこまでも続く風景の連続で、対向車にもあまりあわなかった。
 釧路町から30キロほどで厚岸町に入る。国道から離れ海沿いの道を、とりあえず霧多布へ向かうことにした。20キロも走れば霧多布に着いてしまう、まだ昼を少し過ぎただけである。そのまま内藤さんが言っていた民宿に泊まるにはまだ時間が早すぎるが、まあとにかく行ってみよう。着いてから考えることにした。
 気の向くまま、風の吹くまま・・・

・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.06.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/616-ec8cbbd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。