上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 風呂場に今日はじめて会った三人の男が、親しく会話をする。旅館やホテルではあまり見られない光景だろう。
「自分、どこから来はったん」
 夏樹と同じ年ぐらいの男に聞いた。
「自分・・・?」
 そう言って夏樹を指差した。
「あっそうか、俺やのうて、あなた」
 そう言ってその男に指を差した。
「あっ、おれ、俺は東京から。去年の春に仕事を辞めて放浪中なんだ」
「ほな、放浪の旅を二年目っちゅうことかいな」
「そういうことやね」
「けど、バイクも自転車もなかったと思いましたけど」
 香川から来た男が言った。
「自転車が一台あったでしょ、玄関の脇に」
「んん、ハンドルのところに籠が付いた買い物自転車があったような・・・」
「そう、そのママチャリが俺の愛車」
「ええ、あれで全国を廻るのかいなあ」
「本当はね、ナナハンのバイクに乗っていたんだけどさ、今年の五月に北海道に再上陸して快調に飛ばしていたら、ネズミ捕りに捕まっちまって、30キロオーバーで即、免停さ」
「ほな、そのナナハンはどうしたん」
「札幌の近くで捕まったから、札幌のダチに預けて、そこの母さんのママチャリを借りてここまで来たのさ」
「はあ、そこまでして放浪を続けるのかいな」
「電車とかを使えば、金がかかるし、まあ来年の春までに何かを掴めたらなあってさ。結局、急ぐ旅ではないしね」
「なんか、すごいな」
「いや、単に普通の会社勤めが向いていないだけのことさ」
「俺も、前に短い盆休みを利用して北海道に来たんや。三日しか居られへんかったんやけどな、運悪くハミ禁(はみ出し禁止)で捕まったから、慎重に走ってるんや。けど、免停になったらどうするやろ、旅を続けるやろか・・・」
「俺なら、ひとまずバイクをどこかに預けて、帰ってしまうやろな。そんな根性はないね」
 香川から来た男が言った。
「俺も急ぐ旅やないから、旅は続けるかな。けど移動にママチャリって言う選択肢はないかなあ・・・」
 そう言いながら湯船から立ちあがり、縁に腰を掛けた。



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.07.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/620-b1475c3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。