上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 浜中町から国道44号線へ入る。天気は快晴なのだが、体感温度はかなり低い。いつもの合皮のジャンパーの下にトレーナーを着ているが、吹き抜けていく風はとても冷たい。
 厚床からは根室本線沿いの脇道に入って行った。途中からは未舗装道路が続いたが、四輪車が通った轍の上を走れば、オンロードバイクでもそれなりにスピードを出して走ることができる。しかしカーブなどは砂利が道路一面に広がり、ハンドルを取られて転倒しないよう慎重に、ゆっくりと走った。

        根室付近2
                         根室付近

 右手に海が見えてきた。左へ根室市街、右へ納沙布岬の看板を見つけバイクを進める。岬の周辺には北方領土記念館を中心に土産物店などもあり、ふらっと入った店に霧多布里で同部屋だった香川ナンバーのライダーが先に来ていた。
「どうも、また会いましたねえ」
「まあ、納沙布岬は行っておかないとねえ・・・」
 ここの店をなんとなく見て廻り、あまり荷物にならない小物の土産を買った。
「夏樹さんは、今日、どこまで行くんですか」
「まだ決めてないねん。天気はええねんけど、寒いさかいに適当なところで挫折して、ユースホステルとかに泊まろうかなあぁって思ってます」
「俺は網走あたりまで行こうかなって、あまり時間がないんでねえ、あと五日ほどで一周して小樽からフェリーで帰りますから」
「ほんなら、これから稚内まで行って、南下して行くわけやねぇ」
「休みが二週間なんで、小樽に着いてから、三日目なんです。フェリーだけで往復五日もかかるでしょ」
「俺も二年前に利用したけど、三十時間は長いなあ」
「だから、今日の目的地は網走なんで、お先に行きます。じゃあ、気をつけて旅を続けてください」
「自分もね、飛ばし過ぎて捕まらんように・・・」
 軽く握手をして別れ、夏樹も土産物屋を出て北方領土記念館に向かった。数台のバイクの中に見覚えのあるものを見つけた。霧多布里で一緒だったショートカットの女の人だ。
「あら、今来たの」
「あそこの土産物屋に居たんや。香川の人がいて、急ぐからって網走に向かって走って行かはった」
「急ぐ旅なんだ、私は全然急いでないからさ、今日はどこまで行こうかなあ」
「俺も、まだ決めてへん」
 そんな話をしながら記念館には入らず、納沙布岬の先端に向かった。


・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.08.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/624-baeb0a72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。