上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 夕食後も男三人と大阪から来た女の人とヘルパーの多田、そして夏樹の六人で話をした。正確には男二人と女二人の四人だった。社会人と浪人した大学生は頷いているだけで、ほとんど声を聞くことはなかった。
周遊券で北海道を廻ってはるんでしょ、あれって二週間しかないのと違いますか」
「そやから二枚、買ってくるんですよ。一枚目の期限が切れたら、次に列車に乗る時に二枚目を出して、それから二週間以内に北海道を出て帰ればええのよ」
「そしたら、合計四週間なんや」
「正確には、もう三日以上は旅ができるんやけどね」
 周遊券には大阪から北海道に上陸するまでの普通列車運賃が含まれているが、有効日数十四日間は、北海道を回ることのできる期間で、そこまでの行き帰りの日数は含まれていない。普通列車を乗り継いで大阪から北海道までは何日かかるのだろうか。別に特急料金、寝台料金を払えば乗れるのだけれど。その日数と二枚目の周遊券を使うまでに、列車に乗らずにヒッチハイクをしたり、その場に滞在したりすれば、さらに旅の期間が延びる。周遊券二枚で、北海道に滞在できる期間が最短でも四週間は居られるということのようだ。
「そやから、あと一週間で一枚目の周遊券が終わるから、どこかでヘルパーをして、お盆過ぎに二枚目を使おうかなって・・・」
「ほな、ここでヘルパーしませんか。ペアレントさんが、もう一人ヘルパーがほしいって、言ってますから」
 多田が身を乗り出して言った。
「ほな、もう一週間、回ってからどうするか考えるわね」
「写真を撮りましょう。みんなで」
 突然、カタナのナナハンに乗っていると言う鳥取の男が言った。
「ほな撮りましょう。帰って、現像をしたら送ってね」
「もちろん。送り先を教えてくださいね」
「じゃぁ、私がシャッターを押しますよ」
 多田が鳥取の男からカメラを受け取った。
「いや、俺が取りますよ」
 なぜか神奈川の大学四年生が多田からカメラを受け取った。

             標津YH



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/628-172c3d35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。