上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「本州では見られない大自然をここでは見ることができるから、でもそこへ行く手段はほとんどが歩いて行くしかなく、ここを起点に楽しんでいます」
 田中が笑顔で言った。
「夕食後のミーティングで、ペアレントさんが色々と教えてくれますよ。ガイドブックに載っているところも、載っていない穴場もね・・・。どうせプー太郎なんでしょ」
 こんどは森田が言った。
「まあ、先月、仕事を辞めて来ました。すべて行き当たりバッタリの旅がしたくて。もうすでに毎日が一話完結のドラマみたいで。ただ、六月やのに寒いのだけがねぇ・・・」
「まあ、それが夏の北海道でしょ。学生が夏休みに入ったらもっと人で溢れて、楽しみも半減してしまいますから」
 前回、北海道に来た時は盆休みを利用して、道内には二泊三日の強行旅程だった。襟裳岬のユースホステルは満室状態で、予約なしでは泊まることは出来なかっただろう。学生の夏休みが始まると多くの旅人が北海道へやってくるのだ。現在よりも北海道の人気は高かったように思う。
「それじゃ、お風呂に行ってきます」
 森田がタオルを持って部屋を出て行った。そのすぐ後ろを田中も俺もう、と言って出て行った。夏樹は日記帳を持って食堂へ向かった。今日のおもだった出来事を書きとめておくためだ。必ず毎日書いている。
 だいたいのことを書き終わったころだった、後ろから女の人の大きな声が夏樹に投げかけられてきた。
「あら、なにやってんの。あなたも泊まっていたのね・・・」
 振り向いてみると、霧多布里で一緒だったショートカットの女の人だ。
「なんやあ、あんたも来てたんかぁ。昨日はどこに泊まったの」
「開陽台の展望台にテントを張って、星空を見ていたの。寒かったよ」
「俺もさっき、行ってきたんやけど、その時は見かけへんかったなあ」
「朝の早い時間に出発したからねえ」
「あれぇ、こんにちは。奇遇やねえ、また会えるやなんて・・・」
 こんどは昨日の標津ユースホステルで一緒だった、大阪から来た女の人が声をかけてきた。






・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/636-c4c9bb15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。