上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 羅臼湖への参道はロープを使って仕切られ、それより先には入林禁止と書かれた立て札があった。登山道というより、ハイキングコースのようになだらかで、起伏の少ない道だった。しかしそのほとんどが湿地帯で、長靴がなければ大変な思いをしたことだろう。時おり雪が残っているところあり、五人ともこの季節に雪を見ることができ、たいへん感動していた。

                 湿地帯

 五つの沼を通り抜け一時間半ほどで羅臼湖に着いた。周りは原生林とクマザサの茂みに被われ、今まで見てきた山の風景とはまったく違った別世界のようだった。眼前に広がった素晴らしい風景に五人とも言葉を失い、しばらくのあいだ無言で見とれていた。そして快晴の空の下で乾いた草地に座り込み、五人の自己紹介のような会話が弾んだ。

      羅臼湖羅臼湖1羅臼湖2
(パノラマカメラなど無かった時代、カメラを三脚に立て水平に左から順に数枚撮って繋げてみた。わかっていただけますでしょうか)


 この羅臼湖ツアーへ一緒に行くことになった五人、東京から二週間の休みを取って来た福田という女の人は夏樹よりも六歳も年上で、小さい会社だけれど社長だと言っていた。もう一人、静岡から来た清水という男も夏樹より年上で、こちらも仕事の休暇を利用して北海道に来ていた。そして露天風呂に一緒に行った田中と森。
「わたし、この後、襟裳まで行きたいんだけど、だいじょうぶかなあ」
 福田が言った。
「昼ごろにはユースホステルに戻れると思うから、じゅうぶん間に合うと思うよ」
 田中が言った。
「僕も今日は摩周湖ユースホステルに予約しているんですよ。時間は余裕なんですけどね」
 一週間や二週間の休暇で北海道への旅はやはり強行軍のようで、この二人は羅臼湖から戻れば次の目的地に向かわないといけなかった。森と田中、夏樹たち三人のプー太郎は、早々と岩尾別ユースホステルに連泊を決めていた。夏樹は北海道で始めてのユースホステル連泊だった。
「ああ、気持ちええなあ」
 夏樹は大きく伸びをしながら草地に仰向けになり、快晴の空を眺めた。夏樹につられるように、他の四人も大の字なって草地に仰向けになった。

             記念撮影                      
             (清水(仮名)さんの撮影。後日、送っていただきました)



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2013.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/640-88ef6a1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。