上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 ゆっくりとコーヒーを二杯飲み、いつまでも三人の会話は尽きることがなかったが、所沢ナンバーの男が「じゃぁ、そろそろ・・・」と口火を切った。森も夏樹も急ぐ旅ではないが、いつまでもこうして話しをしているわけにもいかず、テントをたたみ、荷物をまとめバイクに括り付けた。
「ほな、またどこかで、会いましょう」
「そうだね、またどこかで、会えるような気がするわ」
「それじゃ、みなさん、良い旅を」
 三人はそれぞれが、おもいの場所へバイクを走らせた。

 国道240号線を網走へ向う。釧北峠付近から厚い霧に被われてしまい、とても寒かった。スピードを出すとますます体感温度が下がる。比較的ゆっくりとしたスピードで北へ走った。
 オンネトーから100キロメートルほどで網走市に入った。まだ昼前だが霧雨の中を走り、寒さはもちろんだが霧がヘルメットのシールドに纏わり付きとても視界が悪くなった。シールドを上げれば視界は良くなると思い、しばらく上げて走ってみたが、こんどはメガネに霧が纏わり付いてしまった。こうなるととても厄介で、一旦バイクを停めティッシュを取り出、しメガネの水滴を拭った。シールドの水滴を何度も拭ったバイク用グローブは、中まで水が浸み込み、指がかじかんできた。体中が冷えきってしまった。ここから50キロメートルほどで今日の目的地「船長の家」に着いてしまう。とりあえず予約の電話を入れることにした。名前と交通手段だけ聞かれ、宿泊予約は完了した。
 網走に行ったら、少し入場料が高いが「網走監獄」は見たほうがいいと聞いていた。本当の刑務所ではなく、明治時代に建てられ実際に刑務所として使われていた建物を移築、保存公開されている博物館だ。入り口も当時の刑務所の門があり、「網走監獄」と書かれた看板が建てかけられていた。

         網走監獄

 平日の午前中には観光客は少なく、いや夏樹一人だけが見学者だった。五棟の舎房は放射状になっていて、少ない人数で看視しやすいのだそうだ。その一つの棟の天窓付近に等身大の人形が、今にも天窓を突き破り逃げようとしていた。昭和の脱獄王がこうやって脱獄したという様子を再現したのだそうだ。
(新たにネットでここのことを調べたが、当時とほとんど変っていないようだ。入場料も1,050円、消費税分だけが値上がりしたようだ)



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.03.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/652-dd1243d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。