上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 佐呂間湖から道道を通り40キロ程で留辺蘂に着くが、ずっと曇り空で,時おり霧雨が夏樹の身体を冷やした。
「最近、こんな日ばっかり。寒いなあ・・・」
 つい、独り言で文句を言ってしまう。しかし、急ぐ旅ではない、走るのが嫌になれば止まってしまえばいいのだ。お気楽な、時おり怠け放題の放浪旅である。
 国道39号線を西へ、層雲峡へ向う。70キロほどで着いてしまうが、寒いので休みながらゆっくりと走った。大雪ダムまで来た時、地図を確認すると層雲峡の南方に「十勝三叉」の地名を見つけた。何かの本かドキュメンタリー番組を見て覚えていたのか、機会があれば行ってみたい駅の一つとして頭の片隅にあった。まだ昼前である、姫路ナンバーのナナハンとはここで別れ、国道273号線を南へ向った。
 国道だから安心して走っていたのだが、10キロも走ると未舗装ダートになった。速度を落とし、転倒しないように慎重に走った。やがてただの未舗装から深砂利の敷かれた道になり、ますますゆっくりと慎重に走らなければならなかった。さらに10キロほど走り三国峠のトンネルを越えると、霧が濃くなり先行きがよく見えなくなった。道路に敷き詰められた砂利も今まで以上に深くなり、転倒しないで前に進むことは難しくなった。残念ながら引き返すことにした。

 石狩川を堰き止めた大雪ダム。それによってできた大雪湖の西側を通り北へ走る。ダムを渡ると国道39号線だ。さらに西へ走ると層雲峡へと入っていく。層雲峡は石狩川を挟み両側に奇岩がそびえる渓谷が20キロメートルほど続く、北海道有数の観光地で温泉宿も多くあるようだ。
 夏樹のイメージする北海道はどこまでも続く草原、視界を遮るものはほとんどなく、道はどこまでも真っ直ぐで・・・、と言ったところだろうか。しかしここは道路の両側を高さ100メートルもあろうかという断崖絶壁が,視界を大きく遮っている。断崖絶壁のあちらこちらの隙間から滝となって水が落ちてくる。その様は圧巻ではあるが、ある意味、北海道らしくない景色だ、と思いながら眺めていた。

            層雲峡1
  
                  層雲峡3

                             層雲峡2



・拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
           にほんブログ村
・応援いただき、ありがとうございます。

          下記URLにて、鉄道模型ブログも公開を始めました。l
          そちらへもお立ち寄り下さい
             ⇒翼芭里鉄道建設記録
スポンサーサイト
2014.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://suzukaze930.blog19.fc2.com/tb.php/658-6162de55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。